日経メディカルのロゴ画像

2005.04.15

ティップネス、ヨガやピラティス中心のフィットネスクラブをオープン サプリメントのカウンセリングサービスも行う

 ティップネスは4月1日、スタジオプログラムの60%以上がヨガやピラティスの新フィットネスクラブ「TIPNESS ONE」を東京・池袋にオープンした。大手フィットネスクラブチェーンで、ヨガやピラティスを主軸に置いた店舗は珍しい。
 
 最近、女性を中心にヨガやピラティスが人気なのを受けて、ヨガ専門スタジオのように、数種類のヨガのスタジオメニューを用意。持ち込みヨガマットの保管スペースも設けた。ピラティスの専用器具もあり、パーソナルトレーニングも受けられる。
 
 また、サプリメント販売店の「HEALTHY-One」の店舗が入り、栄養士の資格を持ったスタッフが、ライフスタイルや食生活、体調を聞き、サプリメントのアドバイスをするサービスを行う。相談料も含めて、1週間分2100円が目安だという。
 
 なお、ピラティスとは、姿勢に関わる体の中心にある筋肉を鍛え、バランスを整えるエクササイズ。米国で有名女優が取り組んでいると人気になり、最近は日本でも女性を中心に非常に注目が集まっている。
 
 入会金は1万500円、登録手数料3150円。TIPNESS ONEのみを営業時間内すべて利用できる会員で、月会費1万1550円。ピラティスのパーソナルトレーニングは30分4200円から。(白澤淳子、日経ヘルス