日経メディカルのロゴ画像

2005.04.13

診療科別天気予報、雨ニモ負ケヌ開業戦略−−日経メディカルの特集

最新号表紙画像 “開業適齢期”の医師が増加し、医療界は今、開業ブームを迎えている。診療所は年々増加し、競争は激化する一方だ。ただし、診療科によって開業時、開業後に吹く風は、向きも強さも一様ではない。ここに各診療科の開業天気予報を示した。どんな天気であっても、患者の支持を得るには、開業形態を考え、様々な工夫を凝らすことが必要になる。

 日経メディカル4月号では、「診療科別天気予報、雨ニモ負ケヌ開業戦略」について特集しています。このほかの主な内容は下記の通り。

人物ルポルタージュ
 尾道市医師会会長・片山壽氏
 医療と福祉の壁取り払い
 理想の「多職種協働」を実現

トレンドビュー
・うつと生活習慣病の不思議な関係
・薬剤溶出ステントが大フィーバー
・市区町村単位の感染症情報を診療に生かす
・法人化1年で改善も疲弊も進んだ国立大
・手術中の執刀医の緊張を心電図で把握

 詳しくは、日経メディカル4月号(4月10日発売)のトレンドビューをお読み下さい。

 定期購読は、オンラインでもお申し込みいただけます。