2005.04.13

【裁かれたカルテ】 上顎癌の発見が遅れ効果的な治療を受ける機会を失った 転医勧告義務に違反、しかし死亡との因果関係は認めず

 上顎癌の発見が遅れ、効果的な治療を受ける機会を失ったのは、被告医師が転医を勧めなかったからだ−−。開業医の転医勧告義務違反の有無が問われた裁判で、2月15日仙台地方裁判所で判決が言い渡された。判決は、被告医師の転医勧告義務違反は認めたが、患者死亡との因果関係は認めず、慰謝料500万円の支払いを命じた。

 訴えていたのは、1997年12月に上顎癌のため死亡したAさん(当時60歳)の夫。Aさんが生前通院していた開業医を相手に、「上顎癌など重大な病気の可能性の疑いがあることを十分に説明した上で、より高度な医療を施すことができる医療機関への転医を勧めるべきであったにもかかわらず、これを怠った」として4000万円余の損害賠償を求めていた(詳細は有料ネット講座「まさかの時の医事紛争予防学」へ)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 外来患者自殺で開業医有責、現場で高まる懸念 リポート◎東京高裁が1審覆し自殺企図患者への対応の過失を認定 FBシェア数:1479
  2. 「なんなの、この人」。そう言われて我に返ったあの… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:72
  3. マッチング中間、5年ぶりに東京大学が首位奪還 「医師臨床研修マッチング2018」中間結果ランキング FBシェア数:298
  4. クラビットにビオフェルミンRはOK!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:305
  5. 26歳女性。発熱、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  6. わかるけど…な服薬指導 病院珍百景 FBシェア数:36
  7. NSAIDではジクロフェナクのMACEリスクが高… BMJ誌から FBシェア数:74
  8. <片麻痺>患者をCT室に送る前の必須検査は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:66
  9. 中小病院が国から託された「新たな使命」とは? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:57
  10. COPD患者に対するデキサメタゾンは高山病を予防… Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:41
医師と医学研究者におすすめの英文校正