日経メディカルのロゴ画像

2005.04.13

東大が専門職社会人向け公開講座「臨床情報処理入門」を開催

 東京大学大学院医学系研究科クリニカルバイオインフォマティクス研究ユニット(代表:医学部附属病院長、医学系研究科教授の永井良三氏)は、社会人向けの公開講座「臨床情報処理入門」の受講生を募集している。5月18日〜7月6日までの計8日間、15コマで、いずれも水曜日の午後6時から9時まで。受講料は無料だが、資料代として3万円かかる。申し込み締め切りは4月20日。

 講座には、電子的診療記録管理、院内疾患別登録(院内がん登録)、地域連携システム、ゲノム情報を用いたテイラーメード医療の支援、疾患関連遺伝子探索、プロテオミクス解析などにおける情報処理などが含まれる。

 「臨床情報処理入門」への申し込みは、こちら、クリニカルバイオインフォマティクス研究ユニットのWebサイトはこちら、「臨床情報処理入門」講座の概要はこちらでそれぞれ閲覧できる。(北澤京子、医療局編集委員)