日経メディカルのロゴ画像

2005.04.13

【循環器診療の最新動向に関する調査2005】No.3 専門医資格要件に『たばこを吸わないこと』を設けるべき、約7割が支持



 「専門医の資格要件に『たばこを吸わないこと』を設けるべき」との意見が大半の支持を得ていることが分かった。MedWaveが日本循環器学会の開催を機に実施した「循環器診療の最新動向に関する調査」の結果、回答した医師の7割近くが、この意見を支持していた(図2)。調査は、MedWaveの会員医師に協力を求め、3月17日から4月9日までに156人から回答を得た。

 調査では、「日本循環器学会も日本呼吸器学会と同様に、専門医の資格要件に、たばこを吸わないことを設けるべき」と思うかどうか尋ねた。その結果、「設けるべき」との回答は69.2%に及んだ。一方「設けるべきではない」は16%、「分からない」は14.7%だった。

 昨年実施した日本循環器学会速報サイトの関連調査でも同様の質問をしているが、そのときは、72.7%(n=172)の人が「設けるべき」と回答していた(関連トピックス)。若干減少しているが、それでも高率であることに変わりない。



 なお、回答者の禁煙状況も尋ねたが、「かつては吸っていたが、現在はやめている」が48.1%、「吸ったことはない」が41.7%、「現在も吸っている」は10.3%だった(図3)。 (三和護、医療局編集委員)