2005.04.08

【裁かれたカルテ】「死因を明確にできなかったことは、遺族らに対する不法行為とはならない」

 死因が分からないときは、遺族に解剖を勧めるのが基本。しかし、拒まれる場合は当然ある。ところが、医療側は「遺族が同意しなかった」と思っていても、「勧めもしなかったではないか」と訴えられることもある。今回紹介する判例は、このあたりの行き違いが根っこにあって紛争に発展したものだ。

 安静を指示されていた患者が入院4日目に、歩いた直後に急死した。遺族らは、「肺塞栓症であったにもかかわらず、被告病院医師はこれを看過して適切な治療を行わず、また、十分な看護体制をとらず、患者が病室から出たのに気付かなかったため、患者は肺梗塞により死亡した」などとして、3400万円余の損害賠償を求めて提訴していた。「被告病院医師は、遺族である原告らに対して、患者の死因を解明せず、また十分な説明もしなかった」との訴えも争点の1つになった。

 これに対し裁判所は、まず「患者の死因は特定できない」と判断、この事実認定に基づき、病院医師に診療上の過失は認められず、また、病院の看護体制の不備も認められないと判断した。さらに、病院医師が患者の死因を明確にできなかったことは、遺族らに対する不法行為とはならないと判断し、原告の請求を退けた(詳細は有料ネット講座「まさかの時の医事紛争予防学」へ)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 東京医科大の不正入試問題は氷山の一角? 記者の眼 FBシェア数:105
  2. 麻酔科専門医の更新要件変更で広がったある憶測 記者の眼 FBシェア数:185
  3. ベンゾ長期処方が大幅減額、その対策は? リポート◎診療報酬改定で向精神薬処方がしにくくなる!? FBシェア数:0
  4. 医師は金遣いが荒すぎる! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:0
  5. 「CHADS2スコア0点1点問題」を真剣に考える プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:126
  6. 「これは内部告発だ」 個別指導を受けた院長の確… クリニック事件簿 FBシェア数:104
  7. 腹痛患者への「反跳痛」はもういらない? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:92
  8. ロセフィンの重大な副作用に「精神神経症状」が追加 佐古みゆきの「添付文書改訂ウオッチ」 FBシェア数:169
  9. 訪問先の家族を見てついしてしまうこと 病院珍百景 FBシェア数:28
  10. 「急変時どうしますか」って聞いちゃいます? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正