2005.04.07

アンゴラのマールブルグ病流行が拡大、患者が181人、うち死者が156人に

 マールブルグ病流行の拡大が懸念されているアンゴラで、4月5日現在、患者が181人に上り、うち死者が156人となった。これまでに記録されたマールブルグ病流行の中で、最悪の死亡数を塗り替えた。また、当初は5歳以下の子供が患者の約75%を占めていたが、最近は成人が増加の一途にあるという。世界保健機関(WHO)が4月6日、発表した。

 アンゴラ政府によると、アンゴラ北部のウィジェ州をはじめ5行政区から患者発生が報告されている。依然としてウィジェ州が感染の中心にあるが、地域的な広がりが気にかかる。現に、隣国であるコンゴでも調査が始まっている。

 WHOがアンゴラで流行しているマールブルグ病について初めて発表したのは、3月17日。2005年1月から3月15日の間に急性出血熱症状群が疑われる39人の死亡患者があったことが、アンゴラ北部ウィジェ州からWHOに報告された。

 その後3月23日には、アンゴラでのウイルス性出血熱が疑われた流行の病原体は、マールブルグウイルスであると同定された。

 3月30日時点で、患者は132人に上り、うち127人が死亡。この時点で、これまでに記録されたマールブルグ病流行の中で、最悪の死亡数となっていた。(三和護、医療局編集委員)

(注)マールブルグ病
 マールブルグウイルスの感染によっておこる感染症。感染源と接触したサルあるいは人が発症する。発症した動物の体液に接触することで感染が拡がる。ヒトからヒトへの感染は体液や分泌液(血液、唾液、痰、便、精液)に直接接触することで起こる。空気感染や飛沫感染はないと考えられている。

 潜伏期間は3〜10日で、頭痛、筋肉痛、倦怠感、嘔吐などとともに発症する。発熱は39〜40度に達し、発症後1〜3日後に下痢や昏睡などが、5〜7日目に消化管や鼻腔、膣、皮膚、目などから出血が見られる。

 マールブルグ病はワクチンも治療薬もなく、治療は対症療法のみ。現在アンゴラで流行している症例の多くは発症して3〜7日後に死亡しているという。

■ 参考図書 ■
キラーウイルスの逆襲

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 製薬企業と医師との付き合い方はどう変わる? ニュースウォッチャー井上雅博の「世相を斬る」 FBシェア数:371
  2. 学会はスーツで行くべきなのか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:756
  3. 若年男性に生じた腹痛、必ず聞くべきことは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  4. お尻に注入しないで!(食事中に閲覧しないで) 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:374
  5. 病院の「介護医療院」転換に予想外の傾向! 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:31
  6. 民間病院から大学教授を毎年輩出する秘訣 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:60
  7. 脳梗塞超急性期のEarly CT signとは 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
  8. ポケットを伴う褥瘡に有効な「創内固定」 古田勝経の「褥瘡はフルタ・メソッドで治る」 FBシェア数:72
  9. 60歳代女性。胸部異常陰影 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  10. 記憶障害のみでゆっくり進行する認知症とは 発見者の金沢大学脳老化・神経病態学(神経内科学)教授山田正仁氏に聞く FBシェア数:141
医師と医学研究者におすすめの英文校正