2005.04.01

アサヒフードアンドヘルスケア、サプリ5種をリニューアル 配合量の根拠を明確にし、従来品の約半値で市場拡大を狙う

 アサヒフードアンドヘルスケアは4月1日、同社のサプリメント「アクティオ」シリーズのうち、「マルチビタミン」「ビタミンB群」「ビタミンC」「ビタミンE」「カルシウムマグネシウム」の5品種をリニューアルして新発売した。

 マルチビタミンは1日分で栄養所要量(注)を、カルシウムマグネシウムでは1日分で栄養所要量の半分を摂取できる量を配合した。

 また、ビタミンB、C、Eでは保健機能食品(栄養機能食品)として配合できる上限ぎりぎりの量を配合した。

 「当社の従来品では、1日の栄養所要量分を配合する成分があったり、栄養所要量の10倍を配合する成分があったりなど、まちまちだった。今回のリニューアルでは、配合量の根拠を明確にした」と同社ヘルスケアビジネスカンパニー営業部の鈴木章子副課長。

 また、従来のボトル入りから30日分のパックに切り替え、価格を300〜600円前後と、従来の約半額に抑えた。

 主に20代から40代の女性を対象に行ったインタビュー調査の結果、「こうしたベーシックな栄養成分のサプリメントでは、値ごろ感がありながら“安かろう悪かろう”ではない価格が、1カ月分で500円前後と判断した」(鈴木副課長)という。

 これまでは製造の一部を外部に委託していたが、この5製品はすべて茨城の自社工場での製造に切り替え、量産体制を整えることで低価格を実現したという。
 
 販売ルートは薬局・薬店。テレビコマーシャルや交通広告、新聞広告の充実で認知を広め、市場の拡大を狙う。プレスリリースはこちらまで。(小山千穂、日経ヘルス

(注)2005年4月1日から使用される「日本人の食事摂取基準(2005年版)」では、「栄養所要量」という概念はなくなる。ただし、同社では一般に浸透している栄養所要量を目安に製品を設計したという。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング中間、5年ぶりに東京大学が首位奪還 「医師臨床研修マッチング2018」中間結果ランキング FBシェア数:280
  2. 73歳女性。左II趾の隆起する淡紅色局面 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  3. 26歳女性。発熱、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  4. <片麻痺>患者をCT室に送る前の必須検査は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:65
  5. 外来患者自殺で開業医有責、現場で高まる懸念 リポート◎東京高裁が1審覆し自殺企図患者への対応の過失を認定 FBシェア数:1451
  6. クラビットにビオフェルミンRはOK!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:304
  7. その便秘薬の処方、間違っていませんか? リポート◎グーフィス、リンゼスなど新たな便秘薬が続々登場 FBシェア数:176
  8. 「なんなの、この人」。そう言われて我に返ったあの… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:66
  9. 応招義務で「無制限に働くこと」は想定されず 厚生労働省「医師の働き方改革に関する検討会」 FBシェア数:223
  10. 新高血圧GL、日本は基準値140/90維持の方針 学会トピック◎第41回日本高血圧学会総会 FBシェア数:329
医師と医学研究者におすすめの英文校正