2005.03.29

唾液でお困りの方はいらっしゃいませんか?

 ALSなどの神経難疾患による嚥下障害や、外科手術等により一時的に唾液が飲み込めない方に、とても便利でお手ごろな鑑賞魚用ポンプを利用した唾液専用吸引器が好評です。

 商品名は「低圧持続吸引器」。その名の通り継続して弱い圧力で唾液を吸い続けます。商品構成はポンプと唾液を吸うカテーテルと接続チューブです。唾液をためるビンは、ご家庭のペットボトルをご使用ください。

 長年、神経筋難病の治療に取組んできた国立病院機構さいがた病院で考案され、北海道難病連などでボランティアさんたちが手作りしていましたが、2003年5月からシースターコーポレーションで製作を開始しました。ホームページや、訪問看護ステーションの看護師さんの口コミで広まり、今では月間200〜300件のお問合せがあります。

 「低圧持続吸引器」には、在宅用のコンセント式設置型外出用の乾電池式の2種類あり、どちらも価格は5250円(税込み)です。お試しの貸し出しもしておりますので、お気軽にお問い合わせください。ただし、カテーテル・チューブの消耗品(420円)と送料はご負担ください。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング中間、5年ぶりに東京大学が首位奪還 「医師臨床研修マッチング2018」中間結果ランキング FBシェア数:253
  2. 26歳女性。発熱、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  3. <片麻痺>患者をCT室に送る前の必須検査は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:57
  4. 応招義務で「無制限に働くこと」は想定されず 厚生労働省「医師の働き方改革に関する検討会」 FBシェア数:139
  5. 「なんなの、この人」。そう言われて我に返ったあの… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:59
  6. 中小病院が国から託された「新たな使命」とは? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:51
  7. その便秘薬の処方、間違っていませんか? リポート◎グーフィス、リンゼスなど新たな便秘薬が続々登場 FBシェア数:174
  8. 66歳男性。5日前から続く息切れ 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. 3年がかりのパンダ撮影の舞台裏 医師の絶対教養 ナショナル ジオグラフィック編 FBシェア数:0
  10. 臨床が好きになった日と開業が近づいた日 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:13
医師と医学研究者におすすめの英文校正