2005.03.20

【日本循環器学会2005速報】 1日5杯の緑茶で血管弾力性が改善

 1日あたり5杯、または800ml以上の緑茶を摂取することで、血圧に関係するとされる脈波伝播速度(PWV:Pulse Wave Velocity)が有意に下がり、血管の弾力を示すFMD(Flow Mediated Dilation:血流の増加に依存した血管拡張)が有意に向上するという。福井循環器病院循環器内科の村上達明氏が3月19日のポスターセッションで報告した。

 現代の日本人は高血圧や糖尿病、血中コレステロールの増加といった心血管イベントが起きやすい状態であるにもかかわらず、欧米に比べて心臓病などの心血管イベントの発生率が低い。これは日本独特の嗜好飲料である「緑茶」が血管に何か影響を与えているのではないか? という仮説を検証したものだ。

 60歳代以上の日本人150人を、緑茶を1日5杯以上もしくは800ml以上飲む群(G:n=77)と、飲まない群(C:n=73)に分けPWV、FMDと血清コレステロールなどを比較した。結果はC群に比べG群はコレステロールと血糖値が高く、PWVはG群が1542±256cm/sに比べG群が1765±225cm/sと高く、FMDがG群が8.3±5.0%だったのに対し、C群が5.6±4.1%だった。p<0.01と有意だった。

 さらに、1日5杯以上または800ml飲まないC群に対し、1年後に追跡調査をして、以前よりも緑茶を飲む群(CM)と変わらない群(CN) に分けて比較したところ、CM群はPWVが1621±286cm/sになって以前よりも下がり、FMDが7.5±4.9%と向上した。CN群ではほとんど変化が見られず、PWVが1756±316cm/sで、FMDが5.5±4.7%だった。村上氏は「緑茶に含まれるポリフェノール」には血管に弾力を与える効果があるのではと推測している。(田村嘉麿)


 

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. レッスン11◆異常陰影を指摘せよ(難易度 低) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
  2. 吸入ステロイドで血糖は上昇するのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  3. セファゾリン供給不足に見る臨床現場の温度差 感染症コンサルタントの青木眞氏に聞く
  4. SGLT2阻害薬に新効能! 心・腎保護薬へ トレンド◎衝撃の試験結果に米国ではガイドラインを改訂
  5. 40歳代男性。長引く咳 日経メディクイズ●胸部X線
  6. 医師不足解消に本気なら、収入減の覚悟を 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」
  7. 40歳代男性。長引く咳 Cadetto.jp限定「よりぬきメディクイズ」
  8. SLE、CKD、肥満症に新ガイドライン 出るのは… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道
  9. クリニックで院長秘書を雇ってみませんか? 診療所マネジメント実践記
  10. 「お食事は召し上がりましたか」と「ごはん食った?… テクノ アサヤマの「今日がいちばんいい日」
医師と医学研究者におすすめの英文校正