2005.03.17

『医療機関のための個人情報保護法対応マニュアル』 日経メディカルが3月25日に緊急出版します

 この4月から、個人情報保護法が全面施行される。それを踏まえて日経メディカルでは、病医院の経営者、管理者向けに『医療機関のための個人情報保護法対応マニュアル』を3月25日に緊急出版します。

 最近、インターネットのプロバイダーや通販会社などでの個人情報漏えいトラブルに関する報道が相次いでいます。もちろん、医療機関も例外ではありません。掲載の表は、2003年以降に報道された医療機関における個人情報漏えい事件です。いったん個人情報が漏えいすれば、医療機関は患者やマスコミなどへの対応に追われるほか、地域住民の信頼を大きく損ないかねません。

 その上、個人情報保護法に則った医療を行うには、個人情報漏えいを防止するための安全管理のほか、患者自身の「自己情報のコントロール権」を保障するために、個人情報の利用目的の明示、適切な提供・開示のための体制整備など、医療機関は実に様々な対応を迫られます。これらは、患者中心のより良い医療の提供につながる取り組みと多くの点で共通しています。

 本書では、個人情報保護法の基本的な考え方を解説するとともに、厚生労働省のガイドラインなどを基に医療機関が準備すべき内容を可能な限り平易に詳述しました。さらに、先駆的に対応策を講じている病医院の事例や、「トラブルから学ぶ」という発想から、医療機関における個人情報の漏えい事例を数多く取り上げています。(橋本佳子、日経メディカル)。

主な内容
第1章 個人情報保護法とは何か
第2章 「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取扱いのためのガイドライン」とは何か
第3章 「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」とは何か
第4章 医療機関が準備すべきこと
第5章 ケースに学ぶ  
第6章 関連ガイドラインの解説
資料編 法律・ガイドライン

お申し込みはこちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 若年男性に生じた腹痛、必ず聞くべきことは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  2. 学会はスーツで行くべきなのか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:500
  3. 病院の「介護医療院」転換に予想外の傾向! 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:22
  4. お尻に注入しないで!(食事中に閲覧しないで) 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:297
  5. 民間病院から大学教授を毎年輩出する秘訣 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:43
  6. 大腸癌検診は旧態依然でいいの? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:27
  7. 記憶障害のみでゆっくり進行する認知症とは 発見者の金沢大学脳老化・神経病態学(神経内科学)教授山田正仁氏に聞く FBシェア数:95
  8. 最年少教授が拓く「臓器の芽」による新移植医療 特集◎再生医療はここまで来た!《4》 FBシェア数:233
  9. 中年期以降の飲酒量と認知症のリスク BMJ誌から FBシェア数:106
  10. 60歳代女性。胸部異常陰影 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正