2005.03.15

ユヤマが開業支援を本格化、物件情報掲載の情報誌を創刊

 調剤機器製造・販売大手のユヤマは、診療所の開業支援に本格的に乗り出した。このほど、医療モールやクリニックビルの所有者と開業希望の勤務医を橋渡しするための地域医療支援情報誌を創刊し、関西圏の勤務医に開業物件の情報を提供していく。

 「Y’s Journal」という名前のこの情報誌は、A4版で創刊号は約7000部を発行。ユヤマの地域医療支援室内に事務局を置き、大阪、兵庫、奈良、京都、滋賀、和歌山に在住する勤務医の自宅に無料で郵送するのを原則とする。3月に創刊号を刊行し、年4回の発行を予定している。

 創刊号は16ページ建てで、うち10ページに関西圏の開業物件情報を掲載。掲載している物件は30近くに及ぶ。この4月以降にオープンするテナントビルに関する情報が約半分を占めている。掲載に当たっては、社内で審査の上優良物件に絞っているという。希望者には、物件についての詳細な資料や診療圏調査のデータを無料で送付する。

 掲載されている物件に関する問い合わせや広告掲載の申し込みは、ユヤマ地域医療支援室Y’s Journal事務局(電話:06-6332-2580、Eメール:ys@yuyama.co.jp)森氏宛て。(井上俊明、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 外来患者自殺で開業医有責、現場で高まる懸念 リポート◎東京高裁が1審覆し自殺企図患者への対応の過失を認定 FBシェア数:1175
  2. 精神病院のいまとこれから 医療マンガ・ドラマの裏話を教えます! FBシェア数:64
  3. 自らの「診断エラー」に真正面から対峙せよ イケてる指導医が研修医に伝えたいこと FBシェア数:83
  4. 新高血圧GL、日本は基準値140/90維持の方針 学会トピック◎第41回日本高血圧学会総会 FBシェア数:303
  5. かつてない異常気象が縦隔気腫の原因に? 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:13
  6. 風疹流行、2013年の悪夢を繰り返すな 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:145
  7. 67歳男性。自宅の玄関で倒れていた患者 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  8. 入院させたがる精神科医に抱く疑問 宮岡等の「精神科医のひとりごと」 FBシェア数:114
  9. 緩和ケア病棟は「死ぬまでの間を生きる場所」 特集◎忘れられないカルテ FBシェア数:103
  10. クラビットにビオフェルミンRはOK!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:273
医師と医学研究者におすすめの英文校正