日経メディカルのロゴ画像

2005.03.11

グリベックの錠剤タイプが承認

 ノバルティス ファーマは、慢性骨髄性白血病(CML)およびKIT(CD117)陽性消化管間質腫瘍(GIST)の治療薬である「グリベック」(一般名:メシル酸イマチニブ)の新剤形「グリベック錠 100mg」の承認を3月9日付けで取得したと発表した。効能・効果、用法・用量はカプセル製剤と同じ。2005年6月にも薬価収載される見通しで、収載後速やかに発売する予定だ。

 グリベックは、2001年5月に米国で発売されて以来、すでに世界80カ国以上で承認されている。日本では、2001年11月にCMLの治療薬として承認された後、2003年7月にKIT(CD117)陽性GISTの追加適応についても承認され、治療に使われてきた。

ノバルティス ファーマのホームページはこちら。(田村嘉麿)