2005.03.09

FDAが米GSK社に対しPaxil CRなどの一時製造停止命令、製造工程の不備で

 米国食品医薬品局(FDA)は3月4日、米GlaxoSmithKline社に対し、パキシルCR(成分名:塩酸パロキセチン水和物)とAvandamet(成分名:マレイン酸ロシグリタゾンと塩酸メトホルミンの配合剤)製造の一時停止を命じた。これら製品の製造工程に不備があり、Paxil CRの錠剤が割れたり、Avandametの有効成分の一つであるマレイン酸ロシグリタゾンの含有量が正確でない、といった問題が見つかったため。

 Paxil CRはうつ病など、AvandametはII型糖尿病の治療薬。FDAによると、問題の見つかった製品の一部は既に市場に出回っているものの、今のところ服用しても大きな害はないとしている。FDAでは、現在これらの薬を服用している人は、服用を直ちに中止する必要なないが、医師に相談の上で、同製品の製造が再開されるまで他の薬に替えるように勧告している。

 詳しくはFDのニュースリリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 最年少教授が拓く「臓器の芽」による新移植医療 特集◎再生医療はここまで来た!《4》 FBシェア数:408
  2. 前代未聞の状況だった今夏を象徴する2症例 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:46
  3. 学会はスーツで行くべきなのか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:830
  4. 製薬企業と医師との付き合い方はどう変わる? ニュースウォッチャー井上雅博の「世相を斬る」 FBシェア数:441
  5. これって幻覚!? 病院珍百景 FBシェア数:18
  6. 若年男性に生じた腹痛、必ず聞くべきことは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  7. タクロリムスの特性活かしたプロアクティブ療法 皮膚科のくすり虎の巻 FBシェア数:72
  8. お尻に注入しないで!(食事中に閲覧しないで) 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:451
  9. ブランド戦略のプロに教わった自院PRのコツ 診療所マネジメント実践記 FBシェア数:32
  10. 民間病院から大学教授を毎年輩出する秘訣 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:63
医師と医学研究者におすすめの英文校正