2005.03.03

福井県難病支援センター、3月10日に小児慢性特定疾患で相談会、ピアカウンセリングも

 福井県難病支援センターは3月10日、「小児慢性特定疾患」をテーマに専門医らによる相談会を開催する。県内の小児慢性特定疾患の患児やその家族が対象で、患者らが抱える問題について個別に相談に応じる。県の事業として毎月1回、実施している。

 相談会の前には、福井県難病患者団体連絡協議会と連携したピアカウンセリングも実施する。同じ病気で療養中の患者らが集い、互いに情報を交換しながら交流を深めるもの。今回のテーマは「小児慢性特定疾患」。

 ピアカウンセリングは昨年6月にスタートし、月2回の頻度で開催している。3月は10日に小児慢性特定疾患、17日に膠原病と、それぞれのテーマで開催する。

 なお、小児慢性特定疾患には、悪性新生物(癌)、慢性腎疾患、ぜんそく、慢性心疾患、内分泌疾患、膠原病、糖尿病、先天性代謝異常、慢性血液疾患、神経・筋疾患などが含まれる。

 定例会、ピアカウンセリングとも参加費は無料。ただし、参加には予約が必要となる。問い合わせは、福井県難病支援センター(TEL:0776-54-5151、内線2585、または、TEL:0776-52-1135)まで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 若年男性に生じた腹痛、必ず聞くべきことは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  2. 学会はスーツで行くべきなのか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:500
  3. 病院の「介護医療院」転換に予想外の傾向! 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:22
  4. お尻に注入しないで!(食事中に閲覧しないで) 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:297
  5. 民間病院から大学教授を毎年輩出する秘訣 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:43
  6. 大腸癌検診は旧態依然でいいの? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:27
  7. 記憶障害のみでゆっくり進行する認知症とは 発見者の金沢大学脳老化・神経病態学(神経内科学)教授山田正仁氏に聞く FBシェア数:95
  8. 最年少教授が拓く「臓器の芽」による新移植医療 特集◎再生医療はここまで来た!《4》 FBシェア数:233
  9. 中年期以降の飲酒量と認知症のリスク BMJ誌から FBシェア数:106
  10. 60歳代女性。胸部異常陰影 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正