日経メディカルのロゴ画像

2005.02.28

米バイエルヘルスケア社、1000回分の血液凝固製剤をWFHに無償提供

 バイエル薬品は2005年2月24日、米Bayer HealthCare社が、遺伝子組み換え型血液凝固第VIII因子製剤「コージネイトFS(商品名)」215万単位を世界血友病連盟(WFH)に寄贈すると発表した。215万単位の血液凝固製剤は、成人の血友病患者の一般的な出血を1000回止血できる量に相当する。

 WFHはこの製剤を、インドネシア、エリトリア、カメルーン、スーダン、タイ、ドミニカ共和国、ナイジェリア、ネパール、パキスタン、ベトナム、ベネズエラ、モンゴル、ヨルダンの各国に配布する。外科・歯科処置、あるいは救命処置などを必要としている血友病患者に供給される。

バイエル薬品のプレスリリースはこちらから入手できる。(田村嘉麿)