日経メディカルのロゴ画像

2005.02.22

α−リポ酸の脂肪蓄積抑える効果、アミノ酸で強まる、ロート製薬が確認

 ロート製薬は2月21日、α−リポ酸(Alpha Lipoic Acid)が脂肪細胞への脂肪の蓄積を抑制する効果が、アミノ酸を併用することによって強まることを実験で確認したと発表した。

 インスリン添加培地で脂肪細胞を培養しておき、そこにα−リポ酸を添加すると脂肪の蓄積が抑制される。これにアミノ酸の一つであるロイシンを併用したところ、その脂肪抑制効果が増強することが分かった。同社ではこの研究成果を応用して肥満の改善や肌の健康維持に役立つ製品の開発を目指す。

 ロート製薬のプレスリリリースはこちらまで。(田村嘉麿)