日経メディカルのロゴ画像

2005.02.17

アミノ酸を塗ると肌の保水力やバリア機能がアップする:味の素が実証

 味の素は、アミノ酸の補給が皮膚の保水力や異物の浸入を防ぐバリア機能の向上に有効であることを確認したと発表した。

 同社はアミノ酸を含む水溶液と水をそれぞれ人間の腕の皮膚に塗布し、常温の室内で放置する比較実験を行った。この実験によるとアミノ酸水溶液を塗布した場合は、水だけを塗布した場合に比べ、30分後でも約10%多い水分を保っていた。塗布したアミノ酸は15層ある角質層の表層から5層目まで達していた。

 また、アミノ酸を含有するクリームを毎日2回2週間塗り続けたところ、角質層からの水分の蒸散を抑えたほか、皮膚のバリア機能が3割程度向上することが確認できた。

 なお、味の素はこうした研究成果を応用したアミノ酸配合のクレンジングオイル「Jino(ジーノ)」を3月7日に発売する。価格は2100円。

味の素のプレスリリースはこちらで閲覧できる。(田村嘉麿)