日経メディカルのロゴ画像

2005.02.14

【編集委員の視点】 HIV感染・患者の1000件台突入と懸念される性感染症の増加

 1月26日に発表されたエイズ動向委員会による年間報告(速報)によると、2004年の1年間に新たに報告されたHIV感染者・エイズ患者は合計で1114件となり、初めて1000件台に突入した(関連トピックス)。それも、じわじわ右肩上がりで増えてきた上での1000件突破だった点に注目すべきだ。これは、日本でのHIV感染のコントロールが必ずしもうまくいっていない証左となる。

 対策は急を要する。性感染症の患者数が増加傾向にあり、HIV感染の土壌が広がりを見せているからだ。

 性感染症(STD)サーベイランスによると、STD患者報告総数は1993年にはおよそ3万3000件に落ち着いていた。しかし、その後1995年まで減少傾向は続いたが、1996〜1997年は再び増加傾向に転じているのだ。

 また、たとえば性器クラミジア感染症では、男性の24歳以下で漸次増加傾向にある。患者年齢のピークは1996年までは25〜29歳であったが、1997年には20〜24歳に移行している。一方、女性では39歳以下で1995年にわずかに減少していたが、1996年からは再び増加傾向にある。患者年齢のピークは20〜24歳で、この年齢層以下では男性患者発生数を上回っていた。

 性感染症の増加だけでなく、その患者年齢のピークが低年齢化しているのも気がかりだ。若い世代を中心に、性感染症、特にHIV感染に対する関心が薄れていないか、今一度見直してみなければなるまい。(え)

■ 関連トピックス ■
◆ 2005.2.2 エイズを見直す】「年間新規報告数が1000件を超える」の衝撃度