2005.02.10

神奈川県が花粉症に対する緊急アピールを発表

 神奈川県衛生部は2月8日、花粉症に対する緊急アピールを発表した。県内のスギ花粉の飛散量が昨年の約15倍と観測史上最大規模となることが予想されるため、花粉症の重症化あるいは新たな発症の危険性が高まっているとし、必要があれば早期に医療機関を受診するなどの対策をとるよう呼びかけている。神奈川県にスギ花粉前線が到来するのは、2月10日から2月20日ごろと予想されている。
   
 アピールでは、「花粉をつけない、吸わないようにしましょう!」「花粉症予防のため、生活の工夫をしましょう!」「花粉症になったら、早めに治療を受けましょう!」と強調。効果的な予防策として、「『マスク』や『メガネ』の着用」「玄関口での『服たたき』(花粉の払い落とし)」「『洗顔』や『うがい』の励行」などを挙げている。

 また「一口メモ」も用意し、マスクの着用や眼鏡の着用、生活上の注意、治療法などの項目ごとに、ポイントを整理している。

 発表資料はこちら。(三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 66歳男性。5日前から続く息切れ 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  2. マッチング中間、5年ぶりに東京大学が首位奪還 「医師臨床研修マッチング2018」中間結果ランキング FBシェア数:107
  3. 「なんなの、この人」。そう言われて我に返ったあの… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:34
  4. その便秘薬の処方、間違っていませんか? リポート◎グーフィス、リンゼスなど新たな便秘薬が続々登場 FBシェア数:170
  5. <片麻痺>患者をCT室に送る前の必須検査は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:33
  6. 中小病院が国から託された「新たな使命」とは? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  7. 本当に誤嚥? 誤嚥の原因は? なぜ肺炎に? 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」 FBシェア数:73
  8. 臨床が好きになった日と開業が近づいた日 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:10
  9. 大腸癌検診は旧態依然でいいの? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:36
  10. 「正しい情報」だけでは変わらない患者の行動を変え… 医療4.0〜第4次産業革命時代の医療〜 FBシェア数:3
医師と医学研究者におすすめの英文校正