2005.02.06

【国際脳卒中会議2005速報】 卵1日1〜2個なら脳卒中や心臓病への影響なし、ただし糖尿病の方は控えめに

 卵(鶏卵)に含まれるコレステロールは100g当たり約400mg と食品の中でも特に多い。卵1個と300gのヒレステーキがほぼ含有量になることから、生活習慣病が気になり始める中高年以降では食べるのを控える人が少なくないようだ。

 しかし、米国人1万人を平均16年間追跡した調査を基にした研究から、健康な人なら1日1〜2個の卵を食べても冠状動脈疾患や脳梗塞の発症は増えないことが分かった。2月2日のポスターセッションでUniversity of Medicine and Dentistry of New JerseyのAdnan I. Qureshi氏らが報告した。

 研究グループは、生活習慣と疾患の関連を追跡した大規模研究であるNHANES-I Epidemiologic Follow-up Studyの参加者1万3586人のうち、卵の摂食歴が明らかで心筋梗塞と脳卒中の既往歴などがない9728人を対象とした。対象者のうち、1961人が1日当たりの卵摂取量が1〜2個、7233人は1日1個以下、534人は卵を全く食べていなかった。なお、1日当たり2個以上の摂食者は対象から排除している。

 平均15.9年の追跡期間中、654件の脳卒中(うち590件が脳梗塞)と1583件の心筋梗塞が発生したが、年齢、性、人種、糖尿病、血圧、BMIなどで調整した相対リスクは、脳卒中、冠状動脈疾患のどちらについても卵の摂取量が異なる群の間に有意な差はなかった。

 ただし、糖尿病を発症していた348人についてみると、卵を1日に1〜2個摂取する群では1日1個以下の摂取群に比べた心筋梗塞の相対リスクが1.7倍(CI:1.2-2.4)と有意に高く、Qureshi氏らは今後の研究の必要性を指摘していた。脳卒中と冠状動脈疾患全体では有意差は見られなかった。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 腹部X線写真であの臓器が見え過ぎていたら 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」 FBシェア数:62
  2. 将来の懲戒処分リスクが高い医学生の行動とは 特集◎これってコンプライアンス違反?《2》医学生の問題行動 FBシェア数:529
  3. ロキソニンとカロナール、どっち派? 村川裕二の「ほろよいの循環器病学」 FBシェア数:278
  4. 勝谷氏を死に追いやった「重症型アルコール性肝炎」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:145
  5. 診断が付かないめまい症の多くはPPPDだった トレンド◎変わるめまいの診断基準 FBシェア数:824
  6. インフルエンザ、今週中にも全国的に流行入り 定点当たり報告数が0.93人に、15道府県が全域で流行 FBシェア数:303
  7. 大きく変わる今冬のインフルエンザ治療戦略 寄稿◎2018−19シーズンのインフルエンザ診療の要点《下》 FBシェア数:70
  8. 開業医の妻としてぜひ果たしたい「最後の大役」 はりきり院長夫人の“七転び八起き” FBシェア数:21
  9. グリニド:シュアポストがごぼう抜きで首位に NMO処方サーベイ FBシェア数:48
  10. 新しいめまい疾患PPPDの問診票を作成 学会トピック◎第77回日本めまい平衡医学会総会・学術講演会 FBシェア数:77
医師と医学研究者におすすめの英文校正