日経メディカルのロゴ画像

2005.02.01

【サプリ&機能性食品2005速報】 オリザ油化、コーヒーの新ダイエット成分「クロロゲン酸」を発表

 コーヒー豆に新たなダイエット成分が含まれていることがわかった。焙煎前の生コーヒー豆に多く含まれるクロロゲン酸だ。コーヒーには、体脂肪燃焼を促すカフェインも含まれており、ダイエット食品としてのコーヒーに注目が集まりそうだ。

 1月28日の「サプリ&機能性食品2005」オープンシアターで、オリザ油化(愛知県一宮市、村井弘道社長)が、クロロゲン酸などを含む生コーヒー豆エキスの臨床試験結果を報告した。

 臨床試験は、BMI(体格指数)22以上30未満の21〜57歳の24人の女性を対象に行った。クロロゲン酸25.6%、カフェイン13.6%などを含む生コーヒー豆抽出エキス200mgを毎日、8週間続けてとってもらった。

 その結果、体重、BMI、上腕周囲径、でん部周囲径が摂取前より低下。特に、でん部周囲と上腕周囲径は統計的に有意差が見られた。また、内臓脂肪の断面積も減少した。この試験中、食事の制限はいっさい行わなかった。

 クロロゲン酸は、肝臓での脂肪燃焼を促進する作用があると考えられている。また、カフェインの脂肪吸収抑制効果や脂肪分解促進効果なども、今回の結果に影響したとみられている。

 ちなみに、私たちが一般的にのむコーヒーにもクロロゲン酸やカフェインが含まれているが、今回の結果を得るには、「1日5〜10杯飲む必要がある」(オリザ油化)という。

 「カフェイン単体やクロロゲン酸単体で摂取するより、両成分などを含む生コーヒー豆エキスとして摂取したほうが、ダイエット効果は高い」と同社の村井弘道社長。生コーヒー豆エキスは水溶性なので、飲料や菓子への応用が可能で、近く、配合商品が登場する予定だという。(黒住紗織、日経ヘルス