2005.01.27

【ヘルスケア2005速報】 オフィスチェアで培ったノウハウから誕生したアシストチェア「らくっと-1」

 イトーキクレビオのアシストチェア「らくっと-1」は、関節症や足腰が弱くなった高齢者が介助者の助けなしに立ち座りできることを目標に開発された。価格は20万7900円(税込み)。

 立ち座りは膝と腰に大きな負担がかかるが、「らくっと-1」はスライドアップ機構によってそれを軽減した。座椅子の状態から立ち上がる場合、座面が上昇してから前方に14度傾斜する。これにより、膝や腰に負担をかけることなく、介助者の助けなしに楽に立ち上がれる。

 重さは28kgと軽量で、背もたれを取り外して折りたためば容易に持ち運べる。収納の際にも場所をとらない。ベッドや車イスにも楽に移乗できるように肘かけは跳ね上げ式になっている。

 人間工学に基づいたイスの座り心地、デザインなど、同社がオフィスチェアで培ってきたイスに関する技術の蓄積を生かした介護用の「イス」といえるだろう。(成田龍、フリーライター)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 製薬企業と医師との付き合い方はどう変わる? ニュースウォッチャー井上雅博の「世相を斬る」 FBシェア数:387
  2. 学会はスーツで行くべきなのか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:804
  3. 若年男性に生じた腹痛、必ず聞くべきことは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  4. お尻に注入しないで!(食事中に閲覧しないで) 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:413
  5. 脳梗塞超急性期のEarly CT signとは 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:1
  6. いざ本番!失敗しない「試験直前の過ごし方」 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:41
  7. 民間病院から大学教授を毎年輩出する秘訣 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:63
  8. 病院の「介護医療院」転換に予想外の傾向! 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:34
  9. 最年少教授が拓く「臓器の芽」による新移植医療 特集◎再生医療はここまで来た!《4》 FBシェア数:300
  10. 心筋梗塞に倒れたヘビースモーカー小泉八雲 病と歴史への招待 FBシェア数:13
医師と医学研究者におすすめの英文校正