日経メディカルのロゴ画像

2005.01.26

【サプリ&機能性食品2005速報】 花粉症シーズン目前! サプリメントはここまで効く 注目の4成分の最新データを発表

 昨年の猛暑を受けて、今年は例年をはるかにしのぐスギ花粉飛散量が予想される。そんな中、「サプリ&機能性食品 2005」26日午後のパネルディスカッションは、4種類の注目成分にスポットを当てて、最新の研究報告とディスカッションを行った。

 最初に、日本赤十字社和歌山医療センター耳鼻咽喉科の榎本雅夫医師が、花粉症の発症メカニズムや、現在行われている薬物療法について解説した。榎本氏は、戦後、国内でアレルギー性疾患が急増したことについて、「幼いころに過ごす環境があまりに衛生的だと、発育中の免疫システムのバランスが崩れ、アレルギー性疾患の発症リクスが高まる」と説明(衛生仮説)。結核菌の菌体成分を投与することでアレルギー反応が抑制されたデータを示した。

 森永乳業・食品総合研究所副主任研究員の清水金忠氏は、ビフィズス菌BB536株含有ヨーグルトの効果を報告。またニチニチ製薬・中央研究所部長の嶋田貴志氏は、乳酸菌抽出物LFKの効果を発表した。どちらも菌活動や菌体成分などによって、免疫バランスが改善したと考えられる。榎本氏が語った衛生仮説を裏付ける根拠としても注目できる。

 ヒガシマル醤油・研究所上席研究員の古林万木夫氏は、しょうゆに含まれる多糖体SPSの効果を報告。伝統的な発酵食品による花粉症改善効果の可能性を示した。

 オリザ油化・執行役員研究開発部長の下田博司氏は、フキとシソのポリフェノールの効果を報告。前3者と作用点が異なり、即効性が期待できることを強調した。

 最後に全発表者が登壇し、医療と健康食品の使い分け方などについて議論した。


展示会のホームページはこちらです。