2005.01.26

【ヘルスケア2005速報】 「新予防給付で、従来の居宅介護支援事業所は重介護へのシフトが必要に」 日本社会事業大学の京極高宣氏がヘルスケアフォーラム2005で指摘

 1月26日、東京ビッグサイトで開催された「ヘルスケアフォーラム2005」で、日本社会事業大学学長の京極高宣氏は「介護保険制度の改正と将来展望」と題する基調講演を行い、2月にも法案が提出される介護保険制度見直しの理念や方向性について語った。

 その中で京極氏は、新たに2006年度からスタートする新予防給付の仕組みに触れ、「市町村に権限が大きく移管され、予防給付のマネジメントも市町村が設置する地域包括支援センターが行うようになる。そうなると、従来の居宅介護支援事業所は、より重介護の人のマネジメントにシフトしていく必要がある」と語り、事業者の意識改革の必要性を強調した。

 制度改革によって、新予防給付に加え、従来の老人保健法のヘルス事業などを再編成した地域支援事業も、市町村が実施主体となって行うことになる。軽介護の人への介護サービスが、実質的に市町村のコントロール下に置かれることで、民間事業者は苦戦が予想される。京極氏の発言は、それへの対応策のヒントを示唆したものと言える。

 講演後、京極氏は日経ヘルスケア21のインタビューに答え、「施設の食費、居住費の徴収が始まると、重介護の人が施設から在宅に押し出されてくる。こういった人たちにきちんとしたケアマネジメントができる居宅介護支援事業所にとっては、ビジネスチャンスとなろう」と語った。(千田敏之、日経ヘルスケア21編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 若年男性に生じた腹痛、必ず聞くべきことは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  2. 学会はスーツで行くべきなのか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:500
  3. 病院の「介護医療院」転換に予想外の傾向! 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:22
  4. お尻に注入しないで!(食事中に閲覧しないで) 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:297
  5. 民間病院から大学教授を毎年輩出する秘訣 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:43
  6. 大腸癌検診は旧態依然でいいの? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:27
  7. 記憶障害のみでゆっくり進行する認知症とは 発見者の金沢大学脳老化・神経病態学(神経内科学)教授山田正仁氏に聞く FBシェア数:95
  8. 最年少教授が拓く「臓器の芽」による新移植医療 特集◎再生医療はここまで来た!《4》 FBシェア数:233
  9. 中年期以降の飲酒量と認知症のリスク BMJ誌から FBシェア数:106
  10. 60歳代女性。胸部異常陰影 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正