日経メディカルのロゴ画像

2005.01.26

高齢者介護施設がメインテーマの展示会「ヘルスケア2005」 本日から東京・有明の東京ビッグサイトで開催

 高齢者介護施設の開設や改装、運営に関連したハードウエアやサービスを一堂に集めた日経BP主催の展示会「ヘルスケア2005」が本日1月26日から28日までの3日間、東京・有明の東京ビッグサイトで開催されます。

 2006年4月に施行予定の介護保険新制度のもとで、新たな柱となるのが「介護予防」。筋力向上や低栄養の改善、フットケアなどに関連したトレーニング機器やリハビリ関連の設備、バーチャルリアリティー技術を応用したスポーツ体験装置など、新たな領域の商品群が出展される予定です。

 このほか、施設全体や居室に関連した水回り設備、空調設備、各種情報システム、建材、インテリア、厨房機器、訪問介護サービスなどを含め、78社、109小間の出展が予定されています。

 同時開催のヘルスケアフォーラム2005では、日本社会事業大学学長の京極高宣氏による基調講演「介護保険制度の改正と将来展望」をはじめとして、各分野で活躍する講師陣が施設経営や施設建築のポイントを解説します。

 ヘルスケア2005、ヘルスケアフォーラム2005の詳細と、2000円の展示会入場料が無料になる事前登録はこちらまで。事前登録は1月27日午前0時まで受け付けています。