日経メディカルのロゴ画像

2004.12.27

FDAが初のDNAチップを使った臨床検査を承認、患者の遺伝子情報を活用し適切な薬を選択

 米国食品医薬品局(FDA)は12月23日、DNA(デオキシリボ核酸)チップを使った初の臨床検査を承認した。患者の遺伝子情報を調べることで、より適切な治療薬やその投与量について判断することができるという。同検査の結果は、心臓病や精神病、癌の治療薬など、一般的に使われている治療薬に対して活用できるという。

 同検査では、患者の血液を採取し、ある種の薬の代謝に関連するシトクロムP450遺伝子のうち、P4502D6について分析を行う。この遺伝子情報を活用することで、有害な薬の相互作用を予防したり、その人に最適な治療薬の選択を確認することができるという。

 この検査の名前は「AmpliChip Cytochrome P450 Genotyping Test」で、製造元はRoche Molecular Systems社(カリフォルニア州Pleasanton)。詳しくは、FDAのニュース・リリースhttp: //www.fda.gov/bbs/topics/news/2004/new01149.html]まで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)