日経メディカルのロゴ画像

2004.12.22

有料サービスを求める高齢者 

 『長寿社会』の新しいネットワーク作りを考える「方円の器」から江上尚志氏の論説を紹介します。

-----------------------------------------------------------------------

■■□高齢社会を考える
■■□有料サービスを求める高齢者  

 最近の調査によると介護保険の枠内で満足せず「有料サービス」を求める高齢
者が増えたようだ。「優良サービス」ではないかと目を疑ったが、介護保険では
対象にならない配食や病院などへの同行サービスを求めているという。(平成16
年10月5日日本経済新聞朝刊)“高齢者”とひとくくりにされると抵抗を覚える
という人は多い。介護保険制度のお世話にならずに死ねれば本望という人や、収
入のあるときには介護保険を使うべきでないという人まで様々な“高齢者”がい
る。

 「高齢社会」で本当に困ることは何かをもう一度考えてみても良いのではない
だろうか。起居動作が困難になる、食事を作るための準備が困難である、財産の
管理が面倒であると様々な困難があり段階がある。介護保険で“面倒を見てもら
う”と言うが、どこまで面倒を見れば良いのか不明確ではないだろうか。ときに
安否確認をすべきであると言い、また施設ケアを最終目的にすべきと言う。オレ
オレ詐欺が流行り、孤独死や虐待などの問題も後を絶たない。人格権とも呼ぶべ
き個人の権利を誰が守るのかが一番難しいことだ。

続きは以下でお読みください。
http://www11.ocn.ne.jp/~uten/kourei20.html