日経メディカルのロゴ画像

2004.12.20

アインファーマシーズ、アインメディカルシステムズを子会社に

 調剤薬局大手のアインファーマシーズは12月20日、関連会社で同業のアインメディカルシステムズを子会社化したと発表した。これにより同社の2005年4月期の連結売上高は573億円となる見込み。業界最大手の地位はゆるぎないものとなりそうだ。

 アインメディカルシステムズは、これまで総合商社の丸紅が議決権の43.6%を所有し、筆頭株主となっていた。アインファーマシーズの所有割合は34.0%だったが、20日に丸紅から株式の譲渡を受け、議決権の47.9%を所有するに至った。役員などが所有する株式と合わせれば過半数を超え、アインメディカルはアインファーマシーズの子会社となった。

 子会社化の狙いは、調剤報酬の改定による収益性の低下傾向およびM&Aによる企業規模拡大の経営環境を、スケールメリットによる経営基盤の強化とノウハウの融合で乗り切ること。両社は出店地域を取り決めた合意書に基づき、アインファーマシーズは全国展開を視野に北海道から沖縄まで、アインメディカルは首都圏を中心に出店してきていた。今後も店舗展開の方針に変わりはないという。

 今回の株式取得でアインメディカルはアインファーマシーズの連結対象会社となる。そのため、2005年4月期の予想売上高(連結)は従来予想を47億円上回る573億円となり、日本調剤の522億円、クラフトの490億円(いずれも連結、2005年3月期予想)に大きく水をあけることになる見通しだ。
(井上俊明、医療局編集委員)