日経メディカルのロゴ画像

2004.12.13

【Pharma Business】Pharmaceutical Executive:ブロックバスター消滅は何をもたらすか

 メルクの抗炎症薬Vioxx(ロフェコキシブ)の販売中止は、同社から年間25億ドル(約2600億円)の売り上げを奪い去った。この事件は、「メルクにとって致命傷」「新薬承認制度の失態」「医療サービスの危機」「ブロックバスター時代の終焉」など、ありとあらゆる言葉で表現されている。果たして、どれが正しいのだろうか。

 Pharmaceutical Executive誌はその答えを求めて、様々な専門家の意見を聞いた。米リウマチ学会のデビット・ウォルシー氏は、「Vioxxの回収劇は、業界に貴重な教訓を残した」と評し、FDA(米食品医薬品局)の医薬品広告・マーケティング部長だったロー・モリス氏は、「人々は長期間にわたりそれを研究していくだろう」と語る(詳しくはPharma Businessをご覧ください)。