2004.12.08

【Pharma Business】 SCRIP MAGAZINE:ポスト・スタチンの主役を探る(下)

 ポスト・スタチン薬として開発中の物質で、しかも経口薬であるものは、ほとんどがCETP(コレステロールエステル輸送蛋白質)とPPAR(ペルオキシソーム増殖因子活性受容体)に関連している。そのうち最も製品化に近いのが、ファイザーのCETP阻害薬であるトルセトラピブだ。

 CETPは血漿糖蛋白質で、善玉コレステロールのHDLが悪玉コレステロールのLDLへ転換するのを促進する。研究者はこの化学反応を阻害することで、HDLの血清中濃度を高められると考えている。

 ファイザーは今年初め、New England Journal of Medicineにトルセトラピブのフェーズ2試験のデータを発表。さらに、同社のベストセラーであるスタチン薬Lipitorとの併用でフェーズ3試験を開始した(詳しくは[Pharma Businesshttp://pharma.nikkeibp.co.jp/]でご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 東京医科大の不正入試問題は氷山の一角? 記者の眼 FBシェア数:105
  2. 麻酔科専門医の更新要件変更で広がったある憶測 記者の眼 FBシェア数:185
  3. ベンゾ長期処方が大幅減額、その対策は? リポート◎診療報酬改定で向精神薬処方がしにくくなる!? FBシェア数:0
  4. 医師は金遣いが荒すぎる! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:0
  5. 「CHADS2スコア0点1点問題」を真剣に考える プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:126
  6. 「これは内部告発だ」 個別指導を受けた院長の確… クリニック事件簿 FBシェア数:104
  7. 腹痛患者への「反跳痛」はもういらない? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:92
  8. ロセフィンの重大な副作用に「精神神経症状」が追加 佐古みゆきの「添付文書改訂ウオッチ」 FBシェア数:169
  9. 訪問先の家族を見てついしてしまうこと 病院珍百景 FBシェア数:28
  10. 「急変時どうしますか」って聞いちゃいます? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正