2004.11.30

メデカジャパンが医療機関支援の新会社、外資系コンサル企業と共同設立へ

 介護や臨床検査事業を手がけるメデカジャパンは、米国のコンサルタント会社と合弁で、医療機関の経営を支援する新会社を設立する。11月30日の取締役会決議を受けて、同日東京証券取引所で発表した。

 合弁の相手は、米国コロラド州に本店があり、資産管理・運営のコンサルティングおよび投資業務を行っているエイ・アイ・ピー・ジャパン・エルエルシー(AIP)。メデカジャパンは、今後事業の柱に据える介護事業の成長のためには、医療機関との連携が重要との考えから、具体的な方策を模索していた。そして、そのためには医療機関の経営向上が不可欠との認識に立ち、医療機関をサポートする会社の共同設立に踏み切ったという。増収やコストダウンによる業績改善に加え、AIPの資金調達力を生かし、資金投入による債務の整理や買い取りなど財務面での再生にも手を貸す計画だ。

 今後、12月中にも基本合意書を締結し、合弁会社の事業内容や業務の詳細について協議・決定していく予定。メデカジャパンは医療機関のコンサルティングにある程度のノウハウを持つが、合弁相手の日本での実力は未知数であり、合弁会社の今後については不透明な部分が多いとみられる。
(井上俊明、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ベンゾ長期処方が大幅減額、その対策は? リポート◎診療報酬改定で向精神薬処方がしにくくなる!? FBシェア数:14
  2. 医師は金遣いが荒すぎる! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  3. 「急変時どうしますか」って聞いちゃいます? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:0
  4. CKDのあるAF患者に抗凝固薬を使うべきか? BMJ誌から FBシェア数:0
  5. 東京医科大の不正入試問題は氷山の一角? 記者の眼 FBシェア数:113
  6. マイスリーの一発アウトにご注意を!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:0
  7. 医師も患者も怖い「原因不明」の病の正体 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:3
  8. 安全な飲酒量の目安はエタノール週100g以下 Lancet誌から FBシェア数:16
  9. 敗血症性ショックにステロイド併用の利益あり NEJM誌から FBシェア数:0
  10. 総合診療専門医の状況にもう黙ってはいられない シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正