2004.11.26

【PharmaBusiness】大日本・住友合併:得意領域の重複が合併の決め手に

 大日本製薬(宮武健次郎社長)と住友製薬(岡本康男社長)は、11月25日、2005年10月に合併することで基本合意した。国内の収益基盤を強化することにより医薬品開発をスピードアップさせ、競争力を高めることが最大の狙い。中長期的には、海外展開を図れる体制作りを目指す。両社の医療用医薬品の売上高総計は、2003年度実績で2742億円に達することから、国内第6位(医療用医薬品で比較、外資系企業を含む)の製薬企業が誕生する。

 大日本が住友を、住友が大日本を合併の相手として選択した最大の理由は、「両社とも、有望な開発品として統合失調症治療薬を持っているなど、得意な薬効領域が似通っている」(住友の岡本社長)こと。山之内製薬と藤沢薬品工業の合併では、大型の競合品が少ないことが決め手の一つになったのとは対照的だ。岡本社長はこの点について、「我々程度の規模の企業では、得意分野が異なっていると経営資源が分散してしまい、合併効果を見込めない」と説明した(詳しくはPharmaBusinessをご覧ください)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング中間、5年ぶりに東京大学が首位奪還 「医師臨床研修マッチング2018」中間結果ランキング FBシェア数:280
  2. 73歳女性。左II趾の隆起する淡紅色局面 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  3. 26歳女性。発熱、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  4. <片麻痺>患者をCT室に送る前の必須検査は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:65
  5. 外来患者自殺で開業医有責、現場で高まる懸念 リポート◎東京高裁が1審覆し自殺企図患者への対応の過失を認定 FBシェア数:1451
  6. クラビットにビオフェルミンRはOK!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:304
  7. その便秘薬の処方、間違っていませんか? リポート◎グーフィス、リンゼスなど新たな便秘薬が続々登場 FBシェア数:176
  8. 「なんなの、この人」。そう言われて我に返ったあの… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:66
  9. 応招義務で「無制限に働くこと」は想定されず 厚生労働省「医師の働き方改革に関する検討会」 FBシェア数:223
  10. 新高血圧GL、日本は基準値140/90維持の方針 学会トピック◎第41回日本高血圧学会総会 FBシェア数:329
医師と医学研究者におすすめの英文校正