2004.11.25

女性のHIV感染者が増加、サハラ砂漠以南のアフリカでは成人感染者の60%近くに

 国連合同エイズ計画(UNAIDS)と世界保健機関(WHO)が11月23日に発表した報告書「AIDS Epidemic Update 2004」によると、2004年末推計で、世界の成人のHIV感染者は3720万人に上り、そのうち女性が半数近くの1760万人に達していることが分かった。特にサハラ砂漠以南のアフリカでは、女性が成人の感染者の60%近くに上っており、女性をHIV感染から守る対策の実行が急務となっている。報告書は、12月1日の世界エイズデーを前に発表された。

 報告書によると、過去2年間でHIV感染者の数は全世界的に増え、2004年末推計で3940万人に達した。特に東アジアでは56%増となり、東欧と中央アジアが48%増で続いている。東アジアでは、増加分の50%までが中国、インドネシアおよびベトナムで確認されたもので、東欧と中央アジアでは増加分の40%が、ウクライナとロシア連邦で確認されたものだった。なお、2004年に新たに確認された感染者数は490万人で、エイズによる死者は310万人となっている。

 サハラ砂漠以南のアフリカでは、15〜24歳までのHIV感染者うち、76%もが女性だった。この点について報告書は、同地域の女性は、仕事や教育を受ける機会に乏しいばかりか、経済的には男性依存が強く、相手に避妊を求めるなどの力がないことが、感染拡大の要因の1つだと指摘している。10代の少女が年上の男性と性行為し感染してしまう場合も少なくないという。また、性的暴行なども原因に挙がっている。

 この件に関するWHOのニュースリリースは、こちらまで。(三和護)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング中間、5年ぶりに東京大学が首位奪還 「医師臨床研修マッチング2018」中間結果ランキング FBシェア数:253
  2. 26歳女性。発熱、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  3. <片麻痺>患者をCT室に送る前の必須検査は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:57
  4. 応招義務で「無制限に働くこと」は想定されず 厚生労働省「医師の働き方改革に関する検討会」 FBシェア数:139
  5. 「なんなの、この人」。そう言われて我に返ったあの… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:59
  6. 中小病院が国から託された「新たな使命」とは? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:51
  7. その便秘薬の処方、間違っていませんか? リポート◎グーフィス、リンゼスなど新たな便秘薬が続々登場 FBシェア数:174
  8. 66歳男性。5日前から続く息切れ 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. 3年がかりのパンダ撮影の舞台裏 医師の絶対教養 ナショナル ジオグラフィック編 FBシェア数:0
  10. 臨床が好きになった日と開業が近づいた日 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:13
医師と医学研究者におすすめの英文校正