2004.11.24

感染性胃腸炎は冬季流行の立ち上がり比較的遅い:感染症週報第45週から

 国立感染症研究所の感染症情報センターが11月19日に公表した2004年第45週(11月1日〜11月7日)の感染症週報(感染症発生動向調査)によると、感染性胃腸炎は2002年や2003年に比べると冬季の増加傾向はまだ穏やかに推移している。A群溶血性レンサ球菌咽頭炎は43週以後、3週連続で増加した。

 感染性胃腸炎は例年、42〜46週頃から冬季の流行期に入り、患者数が急増する傾向があるが、今年は34週以降、増加傾向は続いているものの、第46週までは微増にとどまっている。都道府県別では愛媛県(6.8)、福井県(5.3)が多い。

 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎は第35週から増加傾向が続いており、39週、42週に減少したものの、43週からは再び3週連続で増加している。都道府県別では山形県(2.1)、北海道(1.9)が多い。

 咽頭結膜熱は夏以降、第42週まで減少してきたが第43週からは微増傾向になっている。都道府県別では福井県(0.8)、徳島県(0.5)が多い。

 全数報告の対象となる感染症については以下の通り(11月11日集計分)。
 1類感染症:報告なし。
 2類感染症:コレラ1例、細菌性赤痢5例、パラチフス2例。
 3類感染症:腸管出血性大腸菌感染症35例(うち有症者23例)。兵庫県(7例)、大阪府(4例)、佐賀県(3例)が多い。
 4類感染症:つつが虫病1例、デング熱2例、レジオネラ症6例。
 5類感染症:アメーバ赤痢5例、ウイルス性肝炎3例(いずれもB型)、後天性免疫不全症候群9例(AIDS4例、無症候5例)、ジアルジア症1例、梅毒6例、破傷風1例、急性脳炎3例。

 詳しくは感染症発生動向調査週報まで(pdfファイル)。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ベンゾ長期処方が大幅減額、その対策は? リポート◎診療報酬改定で向精神薬処方がしにくくなる!? FBシェア数:14
  2. 医師は金遣いが荒すぎる! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  3. 「急変時どうしますか」って聞いちゃいます? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:0
  4. CKDのあるAF患者に抗凝固薬を使うべきか? BMJ誌から FBシェア数:0
  5. 東京医科大の不正入試問題は氷山の一角? 記者の眼 FBシェア数:113
  6. マイスリーの一発アウトにご注意を!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:0
  7. 医師も患者も怖い「原因不明」の病の正体 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:3
  8. 安全な飲酒量の目安はエタノール週100g以下 Lancet誌から FBシェア数:16
  9. 敗血症性ショックにステロイド併用の利益あり NEJM誌から FBシェア数:0
  10. 総合診療専門医の状況にもう黙ってはいられない シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正