2004.11.22

急性偏頭痛へのメトクロプラミドの非経口投与は痛みの軽減にも有効

 英米加の研究者らは、制吐剤として長く用いられている塩酸メトクロプラミドを成人の急性偏頭痛患者に非経口投与した無作為割付比較臨床試験のメタ分析を行い、その有効性を調べた。詳細はBritish Medical Journal誌電子版に11月18日に報告された。

 偏頭痛は成人に広く見られる病気だが、原因は明らかではない。最良の治療についても意見の一致はない。現時点では、スマトリプタン、ジヒドロエルゴタミン、エルゴタミン、クロルプロマジン、プロクロルペラジンなどの使用が推奨されている。

 一方、メトクロプラミドは以前から、偏頭痛に付随する吐き気の管理に用いられてきた。が、制吐作用に加えて、他の鎮痛剤の吸収を高める可能性も示されており、また、この製品を投与された偏頭痛患者に痛みの軽減が見られたという報告もある。さらにドーパミン・アンタゴニスト作用も示され、偏頭痛に対する単剤投与が有効と考えられた。

 研究者らは、各種データベースから計655人の患者を対象とした13件の臨床試験
を選出、メタ分析を行った。メトクロプラミド単剤と偽薬の効果を比較した試験は3件で、偏頭痛の痛みの有意な減少(オッズ比2.84)が示された。他剤と併用した試験は均一性に乏しく、統計学的な評価は難しかったが、メトクロプラミドを含む治療は、痛み、吐き気、再発などを抑える他の薬剤を使った場合と同等か、より有効だった。

 今回分析の対象となった臨床試験では、一般的な急性偏頭痛治療薬との比較が十分に行われておらず、他の薬剤の方が効果が高い可能性は残る。が、得られた結果は、メトクロラミドが、偏頭痛の痛みに対する有効な治療を示した。また、他剤との併用も有効が示唆された。制吐効果は他の制吐剤より少ない可能性もあるが、鎮痛作用も持つメトクロプラミドは、急性片頭痛に対する救急治療における第一選択薬の1つと考えるべきだろう。

 原題は「Parenteral metoclopramide for acute migraine: meta-analysis of randomised controlled trials」、全文がこちら(PDFファイル)で閲覧できる。(大西淳子、フリーライター)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 若年男性に生じた腹痛、必ず聞くべきことは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  2. 学会はスーツで行くべきなのか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:500
  3. 病院の「介護医療院」転換に予想外の傾向! 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:22
  4. お尻に注入しないで!(食事中に閲覧しないで) 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:297
  5. 民間病院から大学教授を毎年輩出する秘訣 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:43
  6. 大腸癌検診は旧態依然でいいの? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:27
  7. 記憶障害のみでゆっくり進行する認知症とは 発見者の金沢大学脳老化・神経病態学(神経内科学)教授山田正仁氏に聞く FBシェア数:95
  8. 最年少教授が拓く「臓器の芽」による新移植医療 特集◎再生医療はここまで来た!《4》 FBシェア数:233
  9. 中年期以降の飲酒量と認知症のリスク BMJ誌から FBシェア数:106
  10. 60歳代女性。胸部異常陰影 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正