2004.11.19

アサヒフードアンドヘルスケア、花粉症対策サプリを発売へ シソ、シジュウム、リンゴポリフェノールを配合

 アサヒフードアンドヘルスケアは、花粉症対策のサプリメント「アクティオ紫蘇シジュウム」を11月29日から発売する。同社の「アクティオ」シリーズのラインアップでは初めての花粉症対策品。

 花粉症対策では定番の1つであるシソの実エキスと、昨年から配合した商品が増えているシジュウムが主成分。これに、アサヒビールが研究開発を進める、リンゴの未熟果に含まれるポリフェノール「アップルフェノン」と、皮膚や粘膜の健康を保つビタミンB群の一種であるビオチンを配合した。

 シソの実エキスは、アレルギー反応の第一ステップとなるIgE抗体の産生を抑える。アレルギー症状を持つ20人を対象に行った臨床試験では、鼻の不快感やくしゃみの回数といった花粉症の諸症状を改善する効果が確認されている。

 シジュウムは、アレルギーの原因物質となるヒスタミンの生成に必要な酵素を阻害する働きが、試験管レベルの実験で確認されている。

 一方、アップルフェノンは抗酸化作用のほか、コレステロール値や中性脂肪値の減少効果が知られている。飲料や菓子に配合されるケースはあったが、花粉症対策のサプリメントに配合されるのは初めて。動物実験で、ヒスタミンの放出を抑制する効果が確認されているという。

 各成分の配合量は、シソの実エキス末100mg、シジュウムエキス末500mg、リンゴポリフェノール(アップルフェノン)100mg、ビオチン300μg。20日分120粒入りで、価格は2680円。

 2005年春の花粉症シーズンは、10年に1度の花粉大飛散が予測されている(関連トピックス)。今後も、花粉症対策サプリメントが続々と登場しそうだ。(小山千穂、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 初期研修は地方ですべし 「医療」ってなんだっけ FBシェア数:119
  2. パーキンソニズムの定義変更、早期からL-ドパを トレンド◎パーキンソン病ガイドラインが7年ぶりに改訂 FBシェア数:186
  3. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:2
  4. ベンゾ長期処方が大幅減額、その対策は? リポート◎診療報酬改定で向精神薬処方がしにくくなる!? FBシェア数:16
  5. 学会のスライド撮影禁止はいつまで? 記者の眼 FBシェア数:21
  6. 医師は金遣いが荒すぎる! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  7. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:2
  8. 東京医科大の不正入試問題は氷山の一角? 記者の眼 FBシェア数:116
  9. マイスリーの一発アウトにご注意を!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:0
  10. 抗不安薬:長期処方で減点もデパス人気変わらず NMO処方サーベイ FBシェア数:53
医師と医学研究者におすすめの英文校正