2004.11.12

日経メディカル開発、病医院のホームページ制作・更新・運営を完全代行するサービス「Web Medi-PR」開始 

 日経BPグループの医療専門出版社である日経メディカル開発はこのほど、病医院のホームページの制作・更新・運営代行サービス「Web Medi-PR」を本格的に開始した。

 インターネットは病医院選びの重要なツールの1つになっているが、大規模医療機関を除いて日本の中小病医院、診療所では、自前のホームページを持つところはそれほど多くはなく、インターネット上での患者への医療情報提供が十分に行われているとは言えない状況にある。こういった情報格差は、最終的に一般消費者・患者が医療機関を選択する際に大きな問題点となってくる可能性が指摘されている。

 そこで、日経メディカル開発は、これまで培ってきた対患者広報の蓄積ノウハウを元に、病医院のホームページ作成・運営代行サービス「Web Medi-P」を、この10月から本格的に開始、医療機関の広報活動を全面的にサポートする。

 「Web Medi-PR」は、ホームページ開設・運営にともなう様々なすべての作業を病医院に代わって行うもので、より手軽により低コストで病医院のホームページ管理を実現できるという。

 なお、日経メディカル開発ではサービス本格開始を記念し、2004年10月1日から12月20日までのキャンペーン期間に“Web Medi-PR”申込みの方に限り、初期費用15万円(税別)を特別料金5万円(税別)で受け付ける。

 問い合わせは、日経メディカル開発(http://medicalkaihatu.nikkeibp.co.jp/、TEL:03−6811−8780 )まで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 製薬企業と医師との付き合い方はどう変わる? ニュースウォッチャー井上雅博の「世相を斬る」 FBシェア数:371
  2. 学会はスーツで行くべきなのか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:756
  3. 若年男性に生じた腹痛、必ず聞くべきことは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  4. お尻に注入しないで!(食事中に閲覧しないで) 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:374
  5. 病院の「介護医療院」転換に予想外の傾向! 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:31
  6. 民間病院から大学教授を毎年輩出する秘訣 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:60
  7. 脳梗塞超急性期のEarly CT signとは 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
  8. ポケットを伴う褥瘡に有効な「創内固定」 古田勝経の「褥瘡はフルタ・メソッドで治る」 FBシェア数:72
  9. 60歳代女性。胸部異常陰影 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  10. 記憶障害のみでゆっくり進行する認知症とは 発見者の金沢大学脳老化・神経病態学(神経内科学)教授山田正仁氏に聞く FBシェア数:141
医師と医学研究者におすすめの英文校正