日経メディカルのロゴ画像

2004.11.10

開発中の抗不整脈薬Azimilide、心室頻拍性不整脈を予防しICDの作動を約半分に減少

 開発中のクラス3抗不整脈薬であるAzimilideが、症候性心室頻拍性不整脈を予防し、その結果、植え込み型電気的除細動装置(ICD)の作動を、およそ半分に減らすことが分かった。ICDは症候性不整脈が発症してからショックなどを与え治療を行うが、その予防効果はなく、抗不整脈薬でICDの作動を防ぐことで、患者のQOL(生活の質)は向上すると考えられている。カナダToronto大学のPaul Dorian氏が、11月8日のレイドブレイキング・セッションで発表した。なお現時点では、米国やヨーロッパにおいて、ICD装着者向けの抗不整脈薬は、まだ承認されていないという。

 Dorian氏らは、ICDを装着する633人を対象に、無作為化プラセボ対照二重盲検試験を、9カ国、121カ所の医療機関で行った。研究グループは被験者を3群に分け、Azimilide 75mg/日、125mg/日、プラセボをそれぞれ投与し、1年間治療を続けた。

 その結果、期間中に発生した原因を問わないICDショックと抗頻脈ペーシングによって中止した心室頻脈発作について見てみると、その発生リスクは、プラセボ群に比べ、Azimilide 75mgは0.43倍(ハザード比:0.43、95%信頼区間:0.26〜0.69、P=0.0006)、Azimilide 125mgでは0.53倍(同:0.53、同:0.34〜0.83、P=0.0053)と、およそ半分に減少した。

 また、誤作動などを除いたICDショックと抗頻脈ペーシングによって中止した心室頻脈発作を合わせた発生リスクも、プラセボ群に比べ、Azimilide 75mgは0.52倍(ハザード比:0.52、95%信頼区間:0.30〜0.89、P=0.017)、Azimilide 125mgでは0.38倍(同:0.38、同:0.22〜0.65、P=0.0004)と大幅に減少した。

 なお同研究結果は、発表と同時に、米国心臓病学会の雑誌であるCirculation誌にオンラインで発表されている。論文のタイトルは、「Placebo-Controlled, Randomized Clinical Trial of Azimilide for Prevention of Ventricular Tachyarrhythmias in Patients With an Implantable Cardioverter Defibrillator」。
(アンドリュー・テンヘイブ、當麻あづさ、医療ジャーナリスト)