日経メディカルのロゴ画像

2004.11.10

救急通報者への質問を3項目増やしただけで、心停止見逃しが3分の2に減少

 米国で救急通報者に対し、通報を受けた側が行う質問を3項目増やしたことで、通報時の心停止見逃しが約3分の2に減ったことが分かった。米国では救急通報をすると、受けた側が患者の容体について質問し、心停止だと考えられる場合には通報者に心肺蘇生法(CPR)をするよう指導する。ところが、医療機関外で発生した心停止の約4割までで、通報者が心停止時のあえぎ呼吸を正常な呼吸と誤解してしまうことなどから、CPRが実施されないのが現状だという。これは、米Texas大学のAhamed Idris氏が、11月8日のポスターセッションで発表した。

 Idris氏らは、テキサス州ダラスで救急通報を受けた場合、心停止時のあえぎ呼吸を見極めるための質問項目を加えた。

 具体的には、(1)患者は目がさめていて、意識がありますか?、(2)患者の呼吸は正常ですか? 呼吸を数えて、その音について描写して下さい、(3)患者は動いていますか?−−の3項目。

 そして質問項目を増やす前8カ月と、その後4カ月について、医療機関外で発生した心停止について調査した。その結果、通報時に心停止を見逃した割合は、質問開始前は28%だったのに対し、質問開始後は18.8%へと、大幅に減少した(p=0.0012)。なお調査期間中に医療機関外で発生した心停止は、合計962人だった。

 Idris氏は、救急通報時の心停止の見逃しを減らすことで、早期にCPRを開始でき、患者の生存率を上げることができるはずだとしている。なお調査を行ったダラスの一部地域では、同研究結果を元に、救急通報時に上記の質問項目を追加することに決めたという。Idris氏はまた、「次にすべきことは、あえぎ呼吸を認識できるようにするための一般向けの教育だ」と語った。
(アンドリュー・テンヘイブ、當麻あづさ、医療ジャーナリスト)