2004.11.09

アンジオテンシII2型(AT2)受容体の刺激は、酸化ストレスや血管平滑筋細胞の炎症の軽減を介して動脈硬化病変の形成を抑制

 AT2受容体の刺激は動脈硬化病変の形成の抑制につながり、その機序の少なくとも一部には、酸化ストレスや血管平滑筋細胞における炎症の軽減が関わっている可能性がある−−。このような事実が愛媛大学医学部医生化学血管生物学・分子細胞生物学部門の岩井將氏(写真)らによるAT2受容体/ApoE(アポリポ蛋白E)ダブルノックアウト(DKO)マウスを用いた実験結果から明らかになった。11月7日に発表した。

 アンジオテンシンII1型(AT1)受容体の刺激が動脈硬化病変の形成を促進することはよく知られている。AT2受容体刺激はおそらくこれと拮抗的に作用することが想定されているが、その詳細は未だ明らかではない。この点を明らかにする目的で、岩井氏らは今回の実験を行った。

 岩井氏らはC57BL/J株マウスを元にしてAT2/ApoE DKOマウスを作成、これを高コレステロール食(1.25%コレステロール)で10週間飼育した後の動脈硬化病変を、ApoE KOマウスとで比較検討した。また、AT1受容体ブロッカーであるバルサルタンをosmotic minipumpを用いて注入し、その影響についても検討した。動脈硬化病変は近位大動脈交差部をoil-red Oで染色して評価。スーパーオキシド産生はdihydroethidiumを用いて測定するとともに、NADPH酸化酵素のサブユニット(p47phoxなど)をWestern blotおよび免疫組織学的手法で検出した。さらに、岩井氏らはSparague-Dawleyラット胎仔の胸部動脈から血管平滑筋細胞を分離培養し、NADPH酸化酵素活性をlucigeninを用いて測定するとともに、NADPH酸化酵素サブユニットのリン酸化と転移についてもWestern blotで評価した。

 結果は、AT2/ApoE DKOマウスではApoE KOマウスに比べて動脈硬化病変の形成が亢進し、スーパーオキシド産生ならびにNADPH酸化酵素サブユニットの発現も増強していた。バルサルタンによる動脈硬化病変の形成抑制効果および酸化ストレスの抑制効果は、ApoE KOマウスに比べてAT2/ApoE DKOマウスでは減弱していた。培養したラット胎仔胸部動脈の血管平滑筋細胞におけるNADPH酸化酵素活性ならびにNADPH酸化酵素サブユニットの血漿膜への転移はアンジオテンシンIIにより亢進していたが、これはバルサルタンで抑制された。しかし、AT2受容体拮抗作用のある薬物(PD123319)によっては逆に増強していた。

 以上から岩井氏は、「AT2にはAT1と拮抗的作用のあることが今回の実験からも裏付けられた」とし、冒頭のごとく「AT2刺激による動脈硬化病変の形成抑制には酸化ストレスや血管平滑筋細胞の炎症の軽減が関与していることも確かめられた」と総括した。また、「バルサルタンの抗動脈硬化作用には、AT1抑制に加えてAT2刺激が一部関与していることも示唆された」と述べた。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 餅の窒息や風呂での溺水で警察は呼ぶ? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:16
  2. 【レッスン5】異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:19
  3. 周術期のヘパリンブリッジはもういらない? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:205
  4. 大腸ポリープが腫瘍かどうかをAIが瞬時に判定 トレンド◎AI搭載の診断支援ソフトが国内初承認、年内発売へ FBシェア数:47
  5. 過敏性腸症候群ではプラセボ効果も治療のうち 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:51
  6. 敗血症へのステロイド投与のメタアナリシス JAMA Internal Medicine誌から FBシェア数:41
  7. この処方箋の患者はかぜ?それとも肺炎? 短期連載(1):Dr.キタカズの「成人市中肺炎の処方箋」 FBシェア数:39
  8. 外来での感染症診療は適切なアセスメントから 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」 FBシェア数:107
  9. 職員を採用できずに開業した医師が語った事情 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:49
  10. スギ花粉、関東以南は2月中旬から飛散開始 日本気象協会発表、花粉量は例年よりも多いが前シーズンより少なめ FBシェア数:6
医師と医学研究者におすすめの英文校正