2004.11.06

米国でVioxxの服用による急性心筋梗塞や心臓突然死は5年間で約2万7000イベント

 米国食品医薬品局(FDA)は11月2日、1999〜2003年の間に、選択的COX2阻害薬Vioxx(成分名: rofecoxib)の代わりに別の選択的COX2阻害薬であるcelecoxibを服用すれば避けられた急性心筋梗塞や心臓突然死は、2万7785イベントに上るとする研究報告書を公表した。これは、元々はFDAの内部報告書として、FDA医薬品安全局の副科学部長であるDavid J. Graham氏が9月30日に作成したもの。なおVioxxの製造元である米Merck & Co社は同日、心血管疾患イベントのリスク増加を理由に販売中止を決めている。

 同氏は、カリフォルニア州のHMOであるカイザー・パーマネンテの加入者で、1999〜2001年までにCOX2阻害薬を含めた非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)を服用した人、139万4764人について、229万5168患者・年に渡り追跡した。

 その結果、rofecoxibを1日25mg超服用した人の、入院を要する急性心筋梗塞と心臓突然死のリスクは、NSAIDの服用を中止した人の約3倍にも上ることがわかった(オッズ比3.15、95%信頼区間:1.14〜8.75)。また、同リスクについてcelecoxibと比較した場合のオッズ比は、rofecoxib1日25mg超では3.69(95%信頼区間:1.30〜10.45)、rofecoxib1日25mg以下では1.50(同:1.02〜2.21)だった。

 また、米国全体で1999〜2003年にかけて、rofecoxib1日25mg以下を服用した人は、589万3650患者・年に上り、celecoxibを服用していれば避けられたと考えられる急性心筋梗塞や心臓突然死は、1万4845イベントに上ると推定した。これは、rofecoxib1日25mg以下をcelecoxib の代わりに397人に1年間投与することで、1回のイベントが発症する割合になるという。さらに同期間、rofecoxib1日25mg超を服用した人は97万453人で、同じくcelecoxibの服用によって避けられたと考えられる急性心筋梗塞や心臓突然死は、1万2940イベントと推定した。これは、rofecoxib1日25mg超をcelecoxib の代わりに75人に1年間投与することで、1回のイベントが発生する割合になるという。

 詳しくは、FDAのVioxxに関するサイトの「9/30/2004 Study Report」まで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 若年男性に生じた腹痛、必ず聞くべきことは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  2. 学会はスーツで行くべきなのか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:500
  3. 病院の「介護医療院」転換に予想外の傾向! 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:22
  4. お尻に注入しないで!(食事中に閲覧しないで) 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:297
  5. 民間病院から大学教授を毎年輩出する秘訣 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:43
  6. 大腸癌検診は旧態依然でいいの? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:27
  7. 記憶障害のみでゆっくり進行する認知症とは 発見者の金沢大学脳老化・神経病態学(神経内科学)教授山田正仁氏に聞く FBシェア数:95
  8. 最年少教授が拓く「臓器の芽」による新移植医療 特集◎再生医療はここまで来た!《4》 FBシェア数:233
  9. 中年期以降の飲酒量と認知症のリスク BMJ誌から FBシェア数:106
  10. 60歳代女性。胸部異常陰影 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正