日経メディカルのロゴ画像

2004.11.04

【ピックアップ】日本の小児の高血圧判定基準、現実にそぐわない可能性

 高血圧治療ガイドライン2000年版による日本人小児の高血圧判定基準(表)は、現実にそぐわないとする発表があった。10月の日本高血圧学会で、新潟大学の菊池透氏が一般口演で報告した。



 判定基準は「既知の報告平均値+2SD」に基づいて作成されているため、2から3%は高血圧と判定されることが予測されている。しかし、実際に高血圧と判定されるのは1%前後しかないという。また、小児期の血圧は年齢に相関するにもかかわらず、現在の判定基準では、小学校低学年(1〜3年)、小学校高学年(4〜6年)、中学校(1〜3年)の各年齢層でそれぞれ同じ基準値となっており、年齢との相関を考慮したものになっていない。

 そこで菊池氏らの研究グループは、血圧健診のデータをもとに、こうした判定基準の問題点を検証した。

 対象は、新潟県見附市の「いきいき健康づくり事業」の一環として行われた血圧健診の受診者で、小学生4375人(男子2156人、女子2219人)、中学生1905人(男子903人、女子1002人)。

 血圧は、右上腕周囲長を計測し、その40%以上の幅のカフを使ってDianmap型自動血圧計で測定した。座位で3回連続で測定し3回目を記録した。

 分析では、男女別学年ごとに90パーセンタイル値、+2SD値を算出し、現在の基準値と比較検討した。同時に、現在の基準値で判定した正常高値血圧、高血圧の頻度を計算した。



 その結果、90パーセンタイル値、+2SD値ともに、低学年ほど判定基準より低い傾向がうかがわれた(表)。同一の基準値である学年をみても、低学年ほど基準との差が大きかった。

 これらの結果から研究グループは、「学年ごとの基準値の作成など、判定基準の再検討が必要」と結論付けた。(三和護)