2004.11.02

臓器や組織の移植前にHIVとHCVを検出するNAT検査が必要

 フランスの研究者らは、HCV、HIVに対する血清反応陰性の臓器・組織提供者に由来する血清検体にNAT(核酸増幅検査)を適用、移植の安全性向上を目的としてこの技術を用いることの重要性を示した。詳細はLancet誌10月30日号に報告された。

 血液バンクは、HIVとHCVのRNAの検出にNAT検査を用いている。が、臓器や組織の移植については、ウイルス感染の危険性を伴うのに、抗体検査しか行われていない。実際に脳死となったHCV血清反応陰性者から臓器、組織の提供を受けた40人のうち、少なくとも8人がHCVに感染した例がある。再試験では、血清反応は陰性だったが、HCVのRNAが検出された。

 今回対象となったのは、脳死からの臓器提供者2236人、生体からの組織提供者636人、177人の角膜提供者(死者)だ。移植前に採取された血清に、Chiron社の「Procleix」HIV-1/HCV検査システムを適用、TMAアッセイを行った。陽性となった検体には確定診断のための定性検査として、リアルタイムPCRによるHIV RNA検査とRoche社の「Amplicor HCV」検査を実施した。抗体検査も再度行った。その結果、HCV血清反応陰性の臓器提供者2119人から、5人のHCV RNA陽性者が見つかった。

 HCV血清反応陰性の組織提供者631人の中にはRNA陽性者が1人がいた。HIVについては、血清反応陰性で、RNAが陽性となった人はいなかった。これらのデータは、NAT検査の常用により移植によるウイルス感染が予防できることを示した。生体からの移植の場合、実施の主な障壁はコストだが、脳死者からの移植では時間との戦いになる。それらの問題の解決に取り組む必要があるだろう。

 論文の原題は「HIV and hepatitis C virus RNA in seronegative organ and
tissue donors」、概要はこちらで閲覧できる(Lancet誌のサイトへの登録が必要です)。 (大西淳子、医学ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 餅の窒息や風呂での溺水で警察は呼ぶ? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:16
  2. 【レッスン5】異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:19
  3. 周術期のヘパリンブリッジはもういらない? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:205
  4. 大腸ポリープが腫瘍かどうかをAIが瞬時に判定 トレンド◎AI搭載の診断支援ソフトが国内初承認、年内発売へ FBシェア数:47
  5. 過敏性腸症候群ではプラセボ効果も治療のうち 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:51
  6. 敗血症へのステロイド投与のメタアナリシス JAMA Internal Medicine誌から FBシェア数:41
  7. この処方箋の患者はかぜ?それとも肺炎? 短期連載(1):Dr.キタカズの「成人市中肺炎の処方箋」 FBシェア数:39
  8. 外来での感染症診療は適切なアセスメントから 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」 FBシェア数:107
  9. 職員を採用できずに開業した医師が語った事情 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:49
  10. スギ花粉、関東以南は2月中旬から飛散開始 日本気象協会発表、花粉量は例年よりも多いが前シーズンより少なめ FBシェア数:6
医師と医学研究者におすすめの英文校正