2004.11.02

欧州連合、タバコのパッケージに掲載するショッキングな写真を公表

 British Medical Journal誌10月30日号によると、欧州連合加盟国で販売されるタバコのパッケージに、背筋が寒なるような写真が大きく掲載される日が近づいた。死体、ガン性の腫瘍、ぼろぼろの歯、病気の臓器などの写真は、一般市民、特に若者たちに喫煙の恐ろしさを教えるために選出された(写真はその一例)。

 EUの欧州委員会は10月22日、まさに英断と言うべき42枚の刺激的な写真を公表した。EU加盟国の政府は、それらを、「タバコは寿命を縮める」「喫煙は致命的な肺ガンを引き起こす」といった既存の警告文と共に、タバコのパッケージに掲載するよう製造会社に命じることができる。

 EUの公衆衛生委員会の委員であるDavid Byrne氏は、記者会見で写真を提示しながら「タバコの害に無頓着な人々にはショックを与える必要がある。タバコ業界が販売促進をめざして植え付けようとする、魅力や洗練といったイメージとは裏腹に、喫煙の素顔は、病気、死、そして恐怖だ」と述べた。

 喫煙者と喫煙予備軍にショックを与える写真の使用は、カナダで2001年に始まり、成果を上げている。その後、タイ、ブラジル、シンガポールが追従した。また、アイルランドとベルギーも、来年には写真入りパッケージを採用する予定だ。英国政府も採用を検討しているという。

 42枚の写真は、こちらで一覧できる。

 原題は「Commission unveils shocking pictures for cigarette packs」、全文がこちらで閲覧できる。(大西淳子、医学ジャーナリスト)

Information PR

北海道で発生した地震の影響により、日経メディカル、日経ヘルスケア、日経ドラッグインフォメーション各誌の2018年9月号のお届けに一部遅れが生じます。ご理解のほどお願い申しあげます。

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 外来患者自殺で開業医有責、現場で高まる懸念 リポート◎東京高裁が1審覆し自殺企図患者への対応の過失を認定 FBシェア数:685
  2. 新高血圧GL、日本は基準値140/90維持の方針 学会トピック◎第41回日本高血圧学会総会 FBシェア数:207
  3. クラビットにビオフェルミンRはOK!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:173
  4. 絶滅危惧種? ワルファリンの使い道はここだ プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:40
  5. 「勤務医&専業主婦」は最大40万円の増税に Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:181
  6. 「先生、すごいですね」は一人前と見なされていない… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:106
  7. 『ハリソン内科学』のハリソン先生に迫る 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:16
  8. どうします? 高齢者救急で遭遇するモヤモヤ 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか part II FBシェア数:105
  9. 看護師ができないなら、俺たちがやろう! 特集◎忘れられないカルテ FBシェア数:45
  10. おたふくかぜを侮るな! 数百人が難聴に 保護者向け「ワクチン指導箋」を活用しよう! FBシェア数:33
医師と医学研究者におすすめの英文校正