日経メディカルのロゴ画像

2004.10.29

松下電工、脱臭・除菌ユニットを組み込んだ住宅用照明ユニットを発売

 松下電工は「nanoe(ナノイー)」と呼ぶ独自技術を採用した空気浄化ユニットと照明を組み合わせた「健康・清潔照明nanoe 脱臭・除菌タイプ」を10月30日に発売する。照明ユニットの灯数や器具カバーが異なる5モデルがある。希望小売価格は2万7090〜3万7800円。

 nanoeシステムは、松下電工が広島大学大学院工学研究科との共同研究で開発した技術で、水に6000Vの高電圧をかけることにより、反応性の高いラジカルを包んだ直径約18nmの水微粒子が1秒間に20兆個発生する。発生した微粒子は10分間以上、空気中に滞留し、1ユニットで20平方メートルまでの室内の脱臭・除菌が可能だ。微粒子であるため、カーテンなどの布製品に染みついた汚れも分解・除去できるという。

 松下電工のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)