2004.10.26

皮膚潰瘍治療薬が変更された理由

 日経ドラッグインフォメーション10月号から、「処方せんを読む」を紹介します。お試しください。

_________________「?」___

 63歳男性のNさんは糖尿病性皮膚潰瘍を足先に患い総合病院の内科に通院しています。いつもは本人が処方せんを持ってくるのですが、今回はNさんの奥さんが代わりに薬局を訪れました。Nさんの奥さんは処方せんを差し出しながら、次のような質問をしました。

 これまで、主人が使っていたイソジンシュガーという塗り薬はとても効きめがあって、傷も少しずつ治ってきていました。ところが今日、先生は「これ以上使っていると悪化するから」と薬を変えられました。なぜでしょうか。やっぱり糖尿病の患者に砂糖を塗っていると、血糖に悪い影響が及ぶからでしょうか。

■処方せん
(1) ダオニール2.5mg 4錠
    1日2回 朝夕食後 14日分
(2) キネダック錠 3錠
    1日3回 毎食前 14日分
(3) ドルナー錠20μg 6錠
    1日3回 毎食後 14日分
(4) オルセノン軟膏 90g
    1日2回 患部に塗布
*前回までは、(4)の代わりにイソジンシュガーパスタ(一般名:白糖・ポビドンヨード配合剤)が処方されていた。

Q イソジンシュガーパスタが、オルセノン軟膏(一般名:トレチノイントコフェリル)に変更されたのはどのような理由からだと考えられるか。

 答えは本誌2004年10月号をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 周術期のヘパリンブリッジはもういらない? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:139
  2. 後輩からの借金を返さないベテランに不満噴出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:12
  3. 職員を採用できずに開業した医師が語った事情 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:48
  4. 敗血症へのステロイド投与のメタアナリシス JAMA Internal Medicine誌から FBシェア数:31
  5. 外来での感染症診療は適切なアセスメントから 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」 FBシェア数:75
  6. 医師の時間外労働の上限規制案は「1900〜200… 厚生労働省「医師の働き方改革に関する検討会」で骨子案が了承 FBシェア数:642
  7. 人生会議、いつ誰とどこで何をどう話すの? アドバンス・ケア・プランニング事始め FBシェア数:37
  8. 同期になった先輩 連載小説「坂の途中」 FBシェア数:13
  9. 開業したら色んな業者がワッと寄ってきました シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《8》座談会 in 大阪 FBシェア数:34
  10. 医療ドラマのスクラブを院長が着用したら… はりきり院長夫人の“七転び八起き” FBシェア数:69
医師と医学研究者におすすめの英文校正