2004.10.23

【米国リウマチ学会速報】 抗リウマチ薬のリンパ腫主犯説に疑義:リスクは治療効果に依存、奏功例ではむしろリスクは減少する

 関節リウマチの治療に用いられる抗リウマチ薬(DMARDs)はリンパ腫の発症リスクを増大させることが従来の研究で指摘されている。しかし、関連性はないとする研究もあり、明確な結論が出ていなかった。ところが薬剤投与の奏功度合いによってグループ分けをしたところ、治療効果が上がらない群ほどリンパ腫発症リスクが高く、奏功群では、投与薬剤によっては薬剤不使用群と比べ、逆に有意なリスクの低下が見られる場合があるという興味深い事実が明らかになった。10月20日のポスターセッションC「疫学2」でスウェーデンUpsala University HospitalのEva Baecklund氏(写真)が報告した。

 研究グループでは、スウェーデン入院患者データベースと癌データベースから、6万2692人の関節リウマチ患者のうち、リンパ腫を発症した424人を抽出し、個々の症例に対して関節リウマチ患者コホートから対照例を選ぶ症例内対照研究を実施した。DMARDsによる治療効果は、抗マラリア薬、金製剤、メトトレキサート(MTX)、サルファサラジン(サルファ剤)の4種類について、担当医による評価や炎症がある関節数などを基に、「なし」「中等度」「良好(奏功)」の3段階で評価した。

 個々の薬剤について、薬剤非投与の発症リスクを1とした治療効果別の相対リスクを見たところ、すべての薬剤で治療効果が低い群ではリンパ腫リスクが高く、奏功群では低くなっていた。

 面白いことに、抗マラリア薬の奏功群ではオッズ比が0.3(95%信頼限界:0.2-0.4)、金製剤では0.7(同0.4-1.1)、MTXでは0.4(同0.1-0.9)、サルファ剤では0.2(同0.1-0.4)と、金製剤を除き、薬剤非投与の場合よりも有意に発症リスクが低くなることが分かった。

 なかでも抗マラリア薬では、治療効果なしのオッズ比が26(6.2-110)、中等度が2.6(1.5-4.7)、良好が0.3(0.2-0.4)と、治療効果と発症リスクに強い量依存的な傾向が見られた。他の薬剤でも同様の傾向が観察された。

 一方、DMARDs使用とリンパ腫発症リスクの関連性については、金製剤だけは投与群が対照群の1.5倍と有意な差が見られたが、そのほかの薬剤、あるいはDMARDs投与群全体では統計的有意な傾向は見られなかった。

 これらの結果からBaecklund氏は、「今後の検証が必要となるが、関節リウマチ患者のリンパ腫発症リスクに対しては、治療薬の影響は2次的なものに過ぎず、関節リウマチ自体による炎症亢進が主因になっている可能性が示唆される」と結論付けていた。「病気が治れば薬が安全に使えます」ということではもちろん困るわけだが、関節リウマチの病態の特定因子とリンパ腫発症リスクの関連性が明らかになれば、別の薬剤でその因子を抑制したうえでDMARDsを投与することで、より安全にDMARDsを利用できるようになるのではないだろうか。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 餅の窒息や風呂での溺水で警察は呼ぶ? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:16
  2. 【レッスン5】異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:19
  3. 周術期のヘパリンブリッジはもういらない? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:205
  4. 大腸ポリープが腫瘍かどうかをAIが瞬時に判定 トレンド◎AI搭載の診断支援ソフトが国内初承認、年内発売へ FBシェア数:47
  5. 過敏性腸症候群ではプラセボ効果も治療のうち 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:51
  6. 敗血症へのステロイド投与のメタアナリシス JAMA Internal Medicine誌から FBシェア数:41
  7. この処方箋の患者はかぜ?それとも肺炎? 短期連載(1):Dr.キタカズの「成人市中肺炎の処方箋」 FBシェア数:39
  8. 外来での感染症診療は適切なアセスメントから 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」 FBシェア数:107
  9. 職員を採用できずに開業した医師が語った事情 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:49
  10. スギ花粉、関東以南は2月中旬から飛散開始 日本気象協会発表、花粉量は例年よりも多いが前シーズンより少なめ FBシェア数:6
医師と医学研究者におすすめの英文校正