2004.10.22

COX-2阻害薬は従来のNSAIDに比べ、PPIの服用リスクが約3分の2に減少

 関節リウマチまたは変形性関節症の人が、COX-2阻害薬を服用すると、従来のNSAIDを服用した場合に比べ、プロトンポンプ阻害薬(PPI)の服用リスクがおよそ3分の2に減少するようだ。これは、米National Databank for Rheumatic DiseasesのFrederick Wolfe氏が、10月20日のポスターセッションで発表した。米国では、PPIを胃腸症状や胃潰瘍などの治療と予防の目的で処方していることから、COX-2阻害薬の胃腸への影響が、従来のNSAIDよりも少ない可能性が推測できる。

 Wolfe氏らは、関節リウマチまたは変形性関節症の患者、計9230人について、3年間追跡した。被験者は全て、試験開始時点ではPPIを服用していなかった。

 年齢や性別、COX-2服用者の選択バイアスなどについては、補正を行った。その結果、関節リウマチと変形性関節症全体で見てみると、COX-2以外のNSAIDを服用している人は、COX-2を服用している人に比べ、PPIの服用リスクは1.45(95%信頼区間:1.22〜1.72)倍に増えた。関節リウマチのみについて見てみると、この値は1.58(同:1.31〜1.91)倍だった。

 また、関節リウマチと変形性関節症全体で、COX-2を服用している人はNSAIDを全く服用していない人にくらべ、PPIの服用リスクは1.27(同:1.10〜1.48)倍だった。一方、COX-2以外のNSAID服用者は、NSAIDを全く服用していない人に比べ、同リスクは1.88(同:1.59〜2.21)倍にも上った。

 研究グループは、従来のNSAIDもCOX-2阻害薬も、共にPPIの処方を促すものの、COX-2阻害薬の方がその傾向が弱いようだ、と結論付けた。
(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 東京医科大の不正入試問題は氷山の一角? 記者の眼 FBシェア数:105
  2. 麻酔科専門医の更新要件変更で広がったある憶測 記者の眼 FBシェア数:185
  3. ベンゾ長期処方が大幅減額、その対策は? リポート◎診療報酬改定で向精神薬処方がしにくくなる!? FBシェア数:0
  4. 医師は金遣いが荒すぎる! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:0
  5. 「CHADS2スコア0点1点問題」を真剣に考える プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:126
  6. 「これは内部告発だ」 個別指導を受けた院長の確… クリニック事件簿 FBシェア数:104
  7. 腹痛患者への「反跳痛」はもういらない? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:92
  8. ロセフィンの重大な副作用に「精神神経症状」が追加 佐古みゆきの「添付文書改訂ウオッチ」 FBシェア数:169
  9. 訪問先の家族を見てついしてしまうこと 病院珍百景 FBシェア数:28
  10. 「急変時どうしますか」って聞いちゃいます? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正