2004.10.22

【米国リウマチ学会速報】 リウマチ系疾患のはずが実はビタミンD不足?:リウマチ科受診患者の6割が低ビタミンD状態、米国の調査で判明

 リウマチ系疾患と診断され、リウマチ科で治療を受けていた患者さんが実はビタミンD不足による症状だった−−こんなケースが意外に多いかもしれない。米国でリウマチ科受診患者の血清ビタミンD濃度を調べたところ、58.3%の患者が低ビタミンD症を呈していた。これは、ほぼ同じ平均年齢の閉経女性における低ビタミンD症者の比率29.3%の2倍近い。米Johns Hopkins大学のUzma Haque氏(写真)が10月19日のポスターセッションB「疫学1」で提示した。

 Haque氏らの研究グループは、2003年12月から2004年1月にかけてJohns Hopkinsリウマチクリニックを受診した48人の血清ビタミンD濃度を測定した。その結果、58.3%が血清ビタミンD濃度が20ng/mL以下の低ビタミンD症、25%は10ng/mL以下のビタミンD欠乏症と判明した。患者の平均年齢は58.8歳、89.6%が女性である。平均値は20.4ng/mL(7−42g/mL)で、性別、年齢、診断病名との関連性は見られなかった。

 これは、閉経女性におけるビタミンDの充足状況などについて調べたMORE研究のサブスタディで提示された米国女性(平均年齢67.1歳)における低ビタミンD症者(しきい値は本研究とほぼ同じ約20ng/mL以下)の比率である29.3%の2倍近い。

 本研究の対象患者の診断病名は、関節リウマチが17.4%と最も多く、炎症性多発性関節炎が同値の17.4%、次いで慢性筋骨格痛15.2%、リウマチ性多発性筋痛15.2%、その他34.8%だった。

 Haque氏は、「低ビタミンD血症やビタミンD欠乏症の症状は十分に認知されているとは言えず、リウマチ系疾患の非特異的症状とみなされている可能性がある。慢性の骨痛や筋肉痛を訴えている患者に対しては、血清ビタミンD濃度などを評価するべきだ」と指摘していた。(中沢真也)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 66歳男性。5日前から続く息切れ 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  2. マッチング中間、5年ぶりに東京大学が首位奪還 「医師臨床研修マッチング2018」中間結果ランキング FBシェア数:107
  3. 「なんなの、この人」。そう言われて我に返ったあの… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:34
  4. その便秘薬の処方、間違っていませんか? リポート◎グーフィス、リンゼスなど新たな便秘薬が続々登場 FBシェア数:170
  5. <片麻痺>患者をCT室に送る前の必須検査は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:33
  6. 中小病院が国から託された「新たな使命」とは? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  7. 本当に誤嚥? 誤嚥の原因は? なぜ肺炎に? 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」 FBシェア数:73
  8. 臨床が好きになった日と開業が近づいた日 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:10
  9. 大腸癌検診は旧態依然でいいの? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:36
  10. 「正しい情報」だけでは変わらない患者の行動を変え… 医療4.0〜第4次産業革命時代の医療〜 FBシェア数:3
医師と医学研究者におすすめの英文校正